>>ブログトップへ

土曜日

10月 21 2017

那由多な独り言367

台風21号が日本を縦断しそうですね。

しかも、“超大型”という“超”がつくほどの勢いで……、

しかも、週末なので、イベントはキャンセルが相次いでいます。

明日は、衆議院選挙もあり……、

名古屋では名古屋まつりを予定していて……、

小牧では、小牧市民祭りを予定しています。

小牧は、すでに全面的に中止を決定したようです。

選挙は、期日前投票が長蛇の列になっているようです。

そして、名古屋まつりも、メインの英傑行列は中止になりました。

週末の台風は、イベント会社にとって、ビジネスの点でも大荒れの模様になるので、

ちょっと、勘弁して欲しいですね。

.

さて、先日、知り合いが車上狙いにあったそうで、

カバンを丸ごと盗まれて、その中に現金やアクセサリーを入れていたので、

大きな被害になったそうです。

その話を聞いて、自分も窓ガラスを割られて、車からカバンを盗られたことを思い出して……、

「窓ガラスを割られたんですか?」

と聞いたら、

「カギをしてなかったんです。」

と、言っていて、ちょっと驚きました。

“いくら日本でも、カギをしていなかったら盗られるよなぁ”と、

心で思っていたら、

そんな話が結構多いそうなんですよ。

.

ある大物の空き巣泥棒に警官が問いました。

なんでお前はそんなに空き巣が上手いのか?

「別に何もしていません!

意識して狙ったり、特別な観察とかしていません。

入ってくれと家が呼んでる時だけお邪魔するだけです。」

入ってくれと家が呼んでる???

どういうことかと聞くと

「私は、カギを壊してまで入りません。

鍵の掛かっていない家しか入らないんです。」

鍵をかけずに外出する家がそんなにあるのか?

と警官が聞くと

「そんなにありません でも、たまにあります。

そういう家に入ると不思議とお金が置いてあるんです。」

.

この「空き巣泥棒」と「鍵をかけ忘れた家」の関係は、

セールスマンと顧客の関係に似ています。

空き巣泥棒は、盗むのがうまいのではなく、

大金を置いてあるのにカギをかけ忘れている家を

見つけるのが上手い訳です。

普通、大金を置いて鍵をかけ忘れるということは、

ありませんので、警官が言うようにそんな家は無いと思っています。

だから、そう思っている人には、みつかりませんし、

そもそも見つけようとしません。

しかし、大物空き巣は「ある」と信じていますからみつかる訳です。

.

どんな商品やサービスでも、必要としている人に売り込むのは簡単です。

ですから、トップセールスの方々は、

大物空き巣泥棒のように、

自分の扱っている商品やサービスを必要としている人がいて、

教えてあげたら喜んでもらえる!

そう心から信じている人たちなのです。

.

営業は、ホントにタイミングだと思います。

初めて来る営業マンでも、丁度欲しいと思っているときに、

その欲しい商品を営業にきたら、

ついつい買ってしまいます。

逆に、いらない物を営業されたら、

例え、仲のいい友人でも躊躇します。

.

でも、このタイミングが合うクライアントに出会う嗅覚を

持っている営業マンが、トップセールスマンになると言うわけですね。

まぁ、それだけではなく、真面目に対応し、人として好かれることも、

営業の重要な要素ですけど……。

努力しても、成果がなかなかあげられない営業マンは、

仕事に結びつく顧客を嗅ぎ分ける嗅覚が、まだまだ発達していないという訳ですね。

.

ちなみに、うちは、バールでドアをこじ開けられて、泥棒に入られたことがあります。

と、いうことは、そのくらいインパクトのある強引な営業もありってことですかね。

でも、そんな営業は、長く続く仕事に結びつくはずはなく、

一度きりの取引になってしまうということですね。

では、また来週!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

10月 14 2017

那由多な独り言366

今週は、メチャクチャ1週間が早かった………と、思ったら、

確かに、月曜が祝日だったから、1日少ない訳ですよね。

早いはず……ですね。

早い……のは、中身の濃い一週間だったということでしょうね。

.

今週は、トラブルから始まり、

ミスで終わった1週間でした。

でも、解決できないトラブルはないし、

取り返しのつかないミス等ありません。

.

ところで、今週は、面白い話を聴く機会がありました。

アップルジャパン元社長の山元賢治氏の話です。

そこで、特に印象に残った言葉が……、

「最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ、

そこからすべてが始まった。」

それが、すごく自分と重なるので、

眠気も吹き飛んで、話にのめり込むことができました。

そこで、現在の日本の教育自体が、おかしくなってきている……、

今の日本を変えるとしたら、学校教育から変えていかないといけない。

という話があり………。

.

そして、今日は、みんな大好きな?テレビ番組の主題歌を歌う人たちと食事会でしたが、

その席でも、似たような話になり、

今の若い人たちは、自分で逃げ場を無くして、

自分で自分を追い込んでいく……、

情報が溢れている社会でありながら、

視野を広く持っていないため、自分の居場所を小さく考えてしまう………。

ある意味で、“鈍感力”が必要なのでは?

というような話をしていました。

.

最近は、トラブルや、失敗に弱い人が増えているように感じますが……、

トラブルや失敗をするから、そこから学び、成長する事ができるので、

むしろ、トラブルや失敗には、成長やステップアップのチャンスがいっぱいあると

思えば、落ち込むどころか、逆に楽しくなるもののはずなんです。

.

アメリカ文化の頂点を上り詰めた男、マイケル・ジョーダンはご存知ですよね。

プレイヤー期間15年間で、

シーズン得点王10回、

通算得点29,277点。

1試合平均得点は歴代1位の31.5点。

彼のプレースタイルは【Air】と呼ばれ、空中での華麗なシュートは、

NBAを名実ともに世界最高峰のバスケットリーグへと押し上げました。

そのジョーダンの言葉が……、

.

“I have failed over and over again in my life. And that is why I succeed”
(俺は、何度も何度も失敗した。打ちのめされた。それが、俺の成功した理由さ)

.

現役時代、彼は9000回以上のシュートを外し、300試合の勝負に敗れ、

勝敗を決める最後のシュートを任されて26回も外したことがあるそうです。

ダンクシュート、

空中で相手をかわすダブルクラッチ。

そんな華麗なプレーの裏で、

NBAを代表するスター選手でさえ、

数え切れないほどの“失敗”を経験してきたのです。

しかし、彼は一躍スター選手まで上り詰めました。

そこには、“失敗”に対するポジティブな考え方があったのです。

.

「常に積極的に考えよ。

そして、いかなる失敗からもエネルギーを得ることだ。

歴史に残る偉大な発明が、数え切れない失敗の後に

成し遂げられたものばかりであることからも分かるとおり、

失敗は目標に近づく助けとなる。」

.

9000ものシュートの失敗が、全て目標に近づく一歩となっていたと考えると、

マイケル・ジョーダン選手の信じられないようなプレーや、

「The Last shot」といわれた試合終了間際の逆転ゴールは、

必然だったと言えます。

.

バスケを愛する者を魅了する「God」は、

“失敗”をポジティブに解釈する天才だったのかもしれません。

些細な失敗から、心が折れてしまいそうな失敗まで、

ビジネスの世界には、“失敗”はつきものです。

起きてしまったことを後悔し、落ち込んで立ち止まるのか、

マイケルジョーダンのように“失敗”を目標達成のためのバネとするのか。

その“失敗”に対する解釈一つで、

あなたの未来は大きく変わってくるのです。

自分の望む姿を手に入れたいのであれば、

とにかく前に進むしか選択肢はありません。

目指す道には、かならず障害物が現れます。

その障害物を前に進むためのエネルギーに変えることができれば、

自分が予想もしない場所にたどり着けるのかもしれません。

.

先日のトラブルで、現場にいたスタッフは、

何か起きたときに、どういう判断をすればいいのかわからない……。

と、今後の現場での業務に自信を失くし、うな垂れていたが、

いい経験をしたと思って、今後の業務に対しての大きな“糧”にして、

人としての成長につなげてくれれば……、

それは、会社としての成長にもつながるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

10月 07 2017

那由多な独り言365

パンパカパーン!

ついに、独り言のナンバーが365になりました。

365ということは、毎日1つ読んでも、1年かかると言う事です。

~塵も積もれば山になる。~

~継続こそ命~

と、いろいろな言葉がよぎりますが、

これからも続きますので、よろしくお願いします。

.

さて、何事も継続することって、すごく大事なことですよね。

そのためには、目標設定をすることも重要な要素です。

このブログに関しては、いつまでとか、何回までとか、

そういう数に関する目標設定はありませんが、

毎週必ずUPすることを、自分のミッションにしています。

だから、年末年始だろうと、お休みという概念はなく、

とにかく、毎週必ずUPします。

でも、本当は、数的目標設定も必要なのかも………。

.

目標設定といえば、ニトリの創業者、似鳥昭雄氏(73歳)の目標設定は徹底しています。

~目標「2032年3000店舗」~

似鳥氏は、なんとしてでもこの目標を達成したいので、

・車のナンバーを「品川3000」にしたり、

・自宅の寝室の天井やトイレにもこの数字を貼って、いつも意識しています。

このモノが売れない時代と言われている中で、30期連続の増収増益中!

破格の勢いで成長しています。

1人勝ちの極意は、お客の不平、不満、不便を探すこと。

.

~ヒット商品の一つ『珪藻土バスマット』~

珪藻土バスマットはニトリが出す前に市場に存在しており、価格は1万円〜2万円でした。

奥さんに「いくらだったら買えるか」と聞いたら、

「5000円なら」と言う。

では、もっと気軽に買える値段はいくらかと聞くと、

「3000円台かなぁ」と言う。

じゃあ「3000円台」に決定。

1万〜2万円で売られているものを3000円台にするのは、

一見不可能であり、ムリな話!

やれたとしても時間も労力がかかるし、

新しい知識も勉強しなければいけない。

そもそもどこから手を付けていいのかわからない。

費用対効果を考えて、そんなことは、やらないでおこう・・・

と普通の会社は考える。

しかし、似鳥氏は真逆の考え方をします。

できるか、できないかではなく、

必要かどうか?

儲かるかどうかより、

誰でも買える価格かどうか?

.

つまり、お客様の問題を発見し、あるべき姿が見えたら、

商品開発の8割方は完成。

あとは、原料や製造方法をどうすれば3000円台で作れるか、

徹底的に調べあげ実現していく。

すべての思考が、

ゴールからの逆算思考、

成功者共通の思考回路。

自分がゴールに近づくのではなく、

「ゴールが自分に近づいて来る」

ひっくり返っている!

発想の転換というか………、

逆転の発想というか………。

普通は、コストから売価を設定するが、

売価を設定してから、コストを合わせる。

常識的な考え方だけでなく、

非常識な考え方も成功するためには、

必要ということですね。

今日があなたにとって実り多き1日となります様に!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

9月 30 2017

那由多な独り言364

もう、9月も終わりですね。

と、いうことは、1年の4分の3は終わって、

残りは、25%ということです。

早い!ホントに、時が経つのは早いです。

やばい!時間が無い。

年齢を考えると、どう考えても人生を折り返しているので、

残された時間という考え方をしてしまいます。

.

例えば、学生の頃、テストを受けると、

始まったばかりの時は、まだまだ余裕を持って進めますが、

後半になってくると、ついついあと何分しかない!と、焦り始めます。

それと、よく似ています。

あと、これだけの時間で、これだけのことをしなくてはいけない!

最近は、そんな追い込まれた気分で仕事をしています。

でも、今日は、少し昔を思い出すような………、

そんなところへ行ってきました。

.

結婚式です!

結婚式って、いつ参加しても………、誰の結婚式に参加しても……、

心が洗われ、新鮮な気分にしてくれます。

今日、参加した結婚式は、あまり形式ばったところがなく、

とても、気持ちのいい結婚式でした。

特に、印象に残ったのが、

新郎の父の最期の挨拶でした。

.

通常は、本日の参列の御礼を感想を少し交えて、

新郎新婦に代わり、今後の2人の将来を見守っていただくように挨拶しますが、

今日の新郎の父は、ほとんどが、自分の立場からみた、2人の馴れ初めでした。

初めて新婦を家に連れてきて、自分たちに紹介してくれたところから、

本日の結婚式に至るまでのエピソードを、父としての立場から話してくれました。

それが、形式的な挨拶と違い、とてもユニークであり、

でも、親としての結婚に対する率直な感想であり、

参列した方々への感謝の気持ちが十分に伝わる……、

そんな挨拶でした。

.

ただ、その新郎父の挨拶だけでなく、

ほとんど全てが、形式にとらわれず……、

堅苦しくなく……、

新郎新婦の生い立ちやエピソード、

参列の方々との関係性やこれまでの仲間としての付き合い具合、

家族の愛情……、友人たちとの友情……、職場での関係性……、

今まで、新郎新婦のことをまるで知らなくても、

終宴の時には、それが伝わっている……。

そんな結婚式でした。

.

結婚は、人生の新たなスタート……、

よく、そう言いますよね。

それだけ人生では、大きな出来事ですよね。

結婚を決めるということは、

大きな決断をしたということです。

.

ある人が、自分のやりたいことを書き出した“夢のリスト”を、

3年半後に確認したところ、

人生六分野で書かれた夢目標リスト約80個を一つひとつ読み上げながら、

これは達成した!

これも達成した!

これも出来た!

これもだいたいできた!

これは、まだ!

これは達成した!

そんな感じで見直したら9割達成していたそうです。

ご本人曰く、

「書いた後、あまり見たりしていなかったけど、

見直したら、ほぼほぼ達成ができていて驚きました。」と………。

不思議というか面白いです。

.

・家を建てる。と決めたら、土地が決まった。とか、

・店を出すことを決めたら、俺を雇ってくれという人が出てきた。

・結婚すると決めたら、うちの娘をもらってくれと言われた。

など、

迷っている時、悩んでいる時は、何も起きないのに、

心が決まると状況が変わってくる。

.

自分の人生でもそうでした。

ZATができて……、

これだけは、絶対に達成しようと決めたことが、

・東映の代理店になる。

・会社にする。

でした。

.

約1年後、当時の代理店の1社が、ありえない事件を起こし、

代理店を外され、代わりにZATが代理店になりました。

約4年後、当時、間借りしていた会社の事務所が、その家主が変わることになり、

退去、移転が決まり、それが転機となり、ZATは、

有限会社ザットインターナショナルになりました。

.

これからこうする。

いつまでにこうなる。

と紙に書いて心で決めるだけで、

自分の中で宣言するだけで、

目に見えない何かが発生・変化して、

現実が変わり始める。

決めるということは、ホント大切です。

状況がないから決められない。

経験がないので決められない。

実績がないから………、

知識や技術がないから………、

必要なものが揃ってないので決められない。

普通はそう考えます。

.

しかし、真理は違っています。

決断が先です。

そして、決断は1人でするものです。

人に相談したら、

無責任にYesと言われるか、

出来ない理由を教えてくれるか、

どちらかだけです。

出来るか、出来ないかで考えても決断は出来ません。

やりたいか、やりたくないかで決めることです。

・それが実現したら、心からうれしいか?

・それを達成する道のりは厳しいかもしれないが、課題を克服する楽しみを感じるか?

・そして、それを一緒に喜んでくれる人の姿を想像できるか?

この3つがアリアリと想像できるなら、“やる。”

心に描けたなら、“迷わずやる!”です。

.

こんな詩があります。

~~~~~~

能力がない?

~すばらしい。

才能がない?

~すばらしい。

経験がない?

~すばらしい。

そこから、1ミリずつ成長して行く姿こそ、

人は見たいのです。

最初は一番ダメな人、

それが「主人公」と呼ばれます。

最初から強い人、

それが「悪役」と呼ばれます。

(ひすいこたろう)

~~~~~~~

.

映画でも小説でもTVドラマでも、

「主人公」は、いつも最初はダメな人間です。

落ちこぼれが、決心して人生をやり直す。

少しずつ努力して成長していく。

そして、その姿を見て「ガンバレ!もう少しだ。」と、

応援者が出てきて、大成功に。

あなたの人生の「主人公」は、あなたです。

.

自分は、自分の人生をよくゲームに例えます。

大きなピンチがあった時に、

これが、ゲームなら……と、

第三者目線に置き換えることで、

解決の糸口を見つけ出します。

自分の人生ゲームは、まだ、先は長い……はず……。

さぁ、ハリキッて、まいりましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

9月 23 2017

那由多な独り言363

いつの間にか、夏が去ってしまいましたね。

日本には、ハッキリとした四季があるので、

ホント、良い国だなぁと思います。

年中暑かったり、寒かったりすると、

ファッションや食べ物も楽しみが減ってしまう気がします。

そして、南北に細長い国土が、絶妙な地域差を生み出していますね。

自然溢れる日本を、ミサイルで壊して欲しくはないですね。

原発事故で、人が住めなくなる地区ができるのに、

現実に核爆弾が落ちれば、人が住めなくなるどころの話ではなくなります。

現在、北と米の番長が、小学生のような口喧嘩をしています。

段々とエスカレートしていますが、口喧嘩で終わる事を祈っています。

.

自分たちは、毎日の日常を繰り返す幸せをかみ締めながら、

仕事に集中して、その仕事で目標を達成したり……、

充実感を味わったり……、

自分の夢を実現したり……。

ただ、平和に暮らして生きたいのです。

全ての人がそう思っている……と、思います。

.

ところで……、

「仕事で実現したい夢は何ですか?」

こう、唐突に聞かれて答えることができる人はあまりいません。

経営者でも、具体的に答えられる人は少ないでしょう。

日々の仕事で忙殺されていると、そんなことを考える余裕などないからです。

そもそも、仕事で実現したい夢なんてきれい事が現実にあるわけないでしょ、

と答える人もいるかもしれません。

あるいは「カネ、カネ、カネ」でしょうか。

たくさんのお金を稼いで優雅な生活を送りたいと思っている人もいるでしょう。

でも、お金のためだけだったら………、

いつになったら見えるかわからない出口を目指して、暗いトンネルの中を走り続けるようなものです。

.

現在50歳未満の人は100歳まで生きるだろうから年金支給額も65歳になるという話があります。

昭和36年以降に生まれた人は、年金受給が65歳になり……、

近い将来、70歳に引き上げられるでしょう。

それまでにもしかしたら今の会社はなくなるかもしれません。

仮に会社が残ったとして給与は全然上がらないまま、

平均年齢はさらに伸びて国の台所事情はさらに苦しくなり、65歳になっても年金は出ず、

とりあえず70歳までは働いてくださいということになるのは間違いないでしょう。

別に、会社を辞めた方がいいといってるわけではありません。

職業を食べるためだけに働く「食業」にしてはいけないと言っているのです。

サラリーマンとしての生活を全うし、目的を持って働き、

充実した人生を過ごす人たちもたくさんいます。

自分もそういう生き方を応援したいですね。

現在の仕事が単に不満だからといって、簡単には会社を辞めてほしくはないからです。

もし、あなたが現状に不満があり、不満を理由に起業を考えているのであれば、

こっそり次の問いに答えてみてください。

.

Aの問題

不満の理由はなんですか?

1.やりたくない仕事をやらされていから………

2.やりたい仕事ができないから………

Bの問題

その不満はこれからもずっと続きそうですか。

1,今はがまんすれば、将来やりたい仕事ができるようになる。

2.これからも果てしなくずっとがまんは続く。

.

Aの問題の選択肢1と2は似ているようで、全然違います。

できれば起業は2の理由でしてほしいと思います。

しかも、Bの問題でも2を答えた人は、是非、起業の準備を加速させることをお薦めします。

仕事を夢と切り離してはいけません。

創業した多くの社長たちは、自分の仕事を通じて到達したい目標、理想像を持っています。

日々の仕事を通じてそれに少しずつでも近づこうとしています。

.

会社を経営しているとやっかいなことが起こります。

そういう“やっかいなこと”を解決して、幾度と困難を乗り越えながら、

「やれやれ」ではなく、「また一歩前進した」と感じているのです。

働くということは、自分の目指すべき姿、

目標に向かって近づくためのプロセスであるべきです。

つまり、仕事は「夢実現へのプロセス」なのです。

自分のやりたいこと、かなえたい夢がはっきりしていて、

しかも、日々の仕事がその実現のためのプロセスであれば、

起業する、しないに関わらず充実した仕事人生を送ることができるのです。

.

しかし、現実には、日々の仕事に忙殺され、そんな思いが封印されてしまいます。

できれば、仕事人生においても夢が語れる人になってほしいのです。

職業を、死なないために、

ただ食べるためだけに働く「食業」にして欲しくないのです。

自分の会社の社員たちは、「食業」であって欲しくないのです。

希望を持って……、

夢を持って……、

目標を持って………、働いてて欲しいと考えています。

そのために、平和が永遠に続いて欲しいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

9月 16 2017

那由多な独り言362

今週末は、見事に台風のようですね。

今日も一日雨降りで、明日はさらに台風が通過するので、

もっとひどい大雨になるそうですね。

でも、台風って、なぜか週末を狙ってやってくることが多いような気がします。

これって、自分だけでしょうか?

屋外のイベントは、ホント大変です。

遊具もベタベタになるし………、

衣装もビタビタになるし………、

スタッフもバタバタになるし………。

.

もっと、大変なのは、台風で中止になったりすること……。

特に、イベント全体が中止になることより、

一部が中止になると、イベントの保険も利かず、

時には、値引きの要求がでたり………。

時として、不義理な要求がある交渉に巻き込まれると、

ホントに大変な場合があります。

.

人は、自分の言い分が拒絶されたり、

お願いした事が、却下されることに対し、

嫌な思いをするし、時には、恐怖を感じることすらあります。

そんな拒絶される恐怖を克服するために、

100日間、他人に変なことをお願いして、

その様子を隠しカメラで撮影してユーチューブに投稿した

中国系移民のジア・ジアンという人がいます。

カンタンに言いますと、100回ノーと断られる実験をしてみた訳です。

.

例えば………、

・コストコには、店内放送でしゃべらせてほしいと頼んで断られた。

・見知らぬ人に100ドル貸してほしいと言うと拒否された。

・フェデックスは、北極のサンタクロースに荷物を送ってくれなかった。

「ところがあるとき、おもしろいことが起こりました。」とジアンは報告する。

.

「イエスという反応が出てきたのです」

見知らぬ家の裏庭でサッカーをすることを許されたり、

ビルの警備員に頼んで防犯カメラに向かって、

「江南スタイル」を踊らせてもらったり。

.

行き当たりばったりで会社の建物に入り、

CEOに会わせてほしいと頼んだこともあった。

「なぜ?」と受付係は知りたがった。

「彼と、にらめっこをしたいんです。」と答えると、

CEOの部屋へ通された。

(このCEOは女性で、にらめっこは彼女の勝ちだった。)

.

拒絶のおかげでコミュニケーションや交渉が上手になったことをジアンは発見した。

そして、拒絶されたときにいつも感じていた痛みは、

爽快な解放感に取って代わり、彼はさらに大きなリスクをとるようになった。

あるとき、クリスピー・クリーム・ドーナツの店にふらっと入り、

オリンピックの5つの輪に似せたドーナツを特別に注文すると、

愛想のいい従業員が「お待ちください」と言って奥へ引っ込み、

まもなく自分の「作品」を誇らしげに持って現れた。

.

オリンピックカラーの5つのドーナツが互いにつながり、

箱に収まっている。「いくらですか」とジアンが訊くと、

彼女はにやりと笑って「私のおごり。けっこうです」と言った。

この出会いを隠し撮りした動画はユーチューブで大人気になり、

マスコミにも取り上げられ、ジアンは人気者になった。

.

詳しくは、

「拒絶される恐怖を克服するための100日計画(ジア・ジアン著)」

に書かれていますが、ジア・ジアンが、だんだん拒絶されることが怖くなくなり、

成長して、楽しがっていく過程がよく分かります。

そして、拒絶されることが、実はチャンスの入り口になんだと、

実感していくところが感動的です。

だれでも拒絶されるのは嫌ですね!

ですから、居心地のいいところから出ようとしません。

しかし、あえて居心地の悪い状況をつくり、安全地帯から抜け出す。

そうするとそこに成功に最も必要な「心構え」が手に入る!

ちょっとやってみませんか?

.

・大嫌いなものを食べてみる。

・レストランで一度も食べたことがないメニューを注文する。

・エレベーターで見知らぬ人にニコッと笑顔で挨拶する。

・苦手な人をランチに誘ってみる。

・絶対ムリと思っている人を映画に誘う。

・家族に身勝手なことをお願いしてみる。

.

最初は、こんな感じで心の筋肉をほぐしながら、

居心地の悪い状況の免疫を高めていくと人間の脳は新しもの好きなので、

だんだん活性化され、神経がずぶとくなるようです。

とはいえ、自分はどちらかというと、昔から心臓が毛深くて、

神経がずぶといと言われていました。

(ま、その話は置いといて………。)

.

成功は、その置かれた境遇によって決まるのではありません。

その人の気持ち、つまり「心構え」によるのです。

(ポールjマイヤ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

9月 09 2017

那由多な独り言361

まずは、いきなりお知らせです。

弊社は、来週移転があります。

と、言っても、完全な移転ではなく、

事業所の拠点が増え、部署の移転があります。

千種の中央線を挟んで、西と東に位置することになりますので、

EastとWestに以下のように部署が分かれますので、

今後ともよろしくお願いします。

※新所在地

ZAT East /  営業企画部、企画制作部、倉庫

464-0850 名古屋市千種区今池3丁目37-5

TEL   052-732-7123   FAX   052-732-7122

※今までの事務所

ZAT West /  総務経理部、クリエイター部、Jepc中部本部

460-0007 名古屋市中区新栄3丁目6-13

TEL  052-261-2610  FAX  052-261-2616

※上記体制での営業開始は、9月14日(木)になります。

来週は、移転作業で、ご迷惑をおかけすることもあるかも知れませんが、

これを機に、社員一同ますます皆様の信頼にお応えできるよう、頑張りますので、

更なるご支援、ご指導の程よろしくお願いします。

IMG_0063

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

さて、拠点も増えることになり、社業も頑張って盛り上げていかないといけないです。

そのためには、ますますZATファンを創っていくことが大事な要素になってきます。

ファンづくりって、言葉でいうほど簡単ではないかもしれませんが、

それがどういうことかを、あのCoCo壱番屋創業者の宗次徳二氏のエピソードを紹介しましょう。

.

カレーハウスCoCo壱番屋の強さの秘訣として、

「値下げはしない」というものがあります。

客単価は800〜850円決して安くはありません。

外部にライバル店が出ようと一切値下げはやってません。

しかし、売上が下がったり、頭打ちになってきますと、

社内から、

「値段を下げて下さい。」

とか、

「サービスメニューを考えて下さい。」

「キャンペーンやってください。」

という要望が上がってきたそうです。

しかし、宗次徳二社長は、一切聞かなったそうです。

.

社長の答えは、いつも

「掃除をしなさい。」

「掃除を一所懸命しなさい。」だけ!

「掃除を一所懸命やると売り上げは回復します。」

としか言わなかったそうです。

ただ、掃除をするのではなく、お店を掃き清めるような気持ちで掃除をやって、

一月に1人。ファンを開拓してください。

これは、宗次社長が実体験として、一番の解決策ということを知っていたからです。

どういうことかと言いますと、

お店を掃き清めるような気持ちで掃除をやっていますと、

地域のお客さんは、ちゃんと見てくれています。

朝早くから、遅くまで、熱心に働く、店長さん、オーナーさん。

こんな人がやっている店なら、間違いない。

この店を応援したい!

値段じゃないです!

という強烈なファンが出来てくるという訳です。

.

そういう強烈なファンが、

月に1人。

年間12人できれば、

その方がご家族やご友人に口コミで広がって、

年間2〜3%の売上落ち込みは、ちゃんとカバーできるというのが、

宗次社長の答えです。

.

ファンの力というものは恐ろしいですね!

ファンをつくるかつくらないかということが、

成功の大きなカギだと感じます。

商売でも、スポーツでも、

ファンをつくることができなければ失敗。

ファンをつくり出す人であれば成功。

と断言できます。

.

ファンというものはホントありがたいものです。

サッカーや野球でも、負け続けていても、応援に来てくれます。

あまり勝ち負けは関係ありません!

仕事も同じです。

では、そんなファンはどうやったら、できるのか?

.

第1:あなたは、誠実で高潔なパーソナリティーの持ち主で、

自分の利益中心に動いているのではなく、

他人に貢献することに興味をもっていること。

第2:あなたは自社の製品について、完全な知識を持っていて、

充分な説明をすることが出来るということ。

第3:あなたは、営業活動を行うにあたって、

効果的なプロとしての技術を持っているということ。

以上の3点を備えているなら、

あなたは、あなたのファンを創りだすことができます。

第2と3は、熱心にやっていれば、自然と出来るようになりますが、

一番大切なのは、第1の心構えだと感じています。

.

このファン創りは、あなたにとっての熱烈なファン=「信者」を創ることです。

松下幸之助氏は、

「信者をひとりつくれば1億円の価値」

とおっしゃっていました。

弊社も、どんどん信者を増やさなきゃ!

と、いうと何か宗教みたいですが………、

でも、商品やサービスの信者づくりをすることが、

ビジネスにとって、大きな成功を意味する訳ですよね!

信者一人が一億の価値と考えれば、

信者を月に一人増やせば、年間で12億の売上に匹敵すると言う事です。

さぁ、頑張らなくっちゃ!!

繝悶Ο繧ー繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー繝サ縺ォ縺サ繧薙ヶ繝ュ繧ー譚代∈
にほんブログ村

zatmcblog

0コメント

9月 02 2017

那由多な独り言360

9月ですね~。

昨日は、機能低下っていぅか~。

久々に、体調を崩し、最悪な状態でした。

いつもなら、熱があっても、割と頭はしっかりしてるのですが、

昨日は、あたまはくらくら……、

おなかは、ぐるぐる……、

気持ちは、ぐちゃぐちゃ……。

まぁ、そういう時もありますね。

.

さて、話はすっかり変わりますが、

日本の全事業者の99.7%が中小企業で、

全労働者の約70%が中小企業で働いていることはご存知でしょうか。

この話、ちょっと見方を変えると、

たった0.3%の企業で、約30%の人が働いていると考えると、

いかに、企業としての規模が違うかと思ってしまいます。

.

しかし、現在の大企業と呼ばれる事業者も

大企業としてスタートした訳ではなく、

トヨタも……、ホンダも……、ソニーも……、パナソニックも………、

町工場からスタートし、

ソフトバンクも………、4人の社員から始まり……、

あのオリエンタルランドも……創業当時は、3名でした。

ある意味で、中小企業の活性化を図る事は、

将来の日本経済のメーンプレーヤーを育てるための

“種まき”かもしれません。

.

しかし、この日本には、これからますます少子高齢化と

人口減少という大きな社会問題があり、

それは、あきらかに国内市場の縮小を招き、

また、経営者自身の高齢化も進んでいる。

そういう状況下で、現在、380万余の企業数は、

20年前には、520万社であった企業数が、

かなりの勢いで減少を続け、

今後の予想では、最悪の場合、

約40年後の2055年には、94万社になると言われています。

そうなると、過疎化の進む都市では、地域経済が成り立たなくなると予想されます。

その減少の大きな要因は、後継者の不在とそれに伴う廃業予定者の多さということです。

.

近年、M&Aが頻繁に行われるようになり、

自分の周りでも、よく話を聴くようになりました。

こういう時代だからこそ、国の政策が将来に向けて、

重要な効果を及ぼすことになるのですが、

政治家がどこまで、将来の日本を見据えているのでしょうか。

今、自分たちに何ができるのか………。

頑張れ!ニッポン!

.

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

8月 26 2017

那由多な独り言359

今日は、8月最後の週末です。

と、いうことは、もう夏休みも終わりを迎える訳ですね。

そもそも、夏休みは、学校にクーラーを取り付けられないから、

教室では暑くて勉強をしていられないので、いっそ休みにしよう!と、

なったそうです。(聴いた話によると………。)

と、いうことは、もう暑さも一段落ということでしょうか。

.

皆さんは、夏の思い出はできましたか?

子どもの頃は、夏休みというと、どこかへ旅行に出かけることが、

楽しい夏の思い出でした。

でも、こどもの頃なので、やはり、山か海という感じでしたね。

今だと、遊園地やテーマパークという選択もあるのでしょうか。

.

先日、レゴランドが、年間入場者数の目標200万人に達成するメドがついたと発表されました。

それに合わせて、100万人を達成したとか………。

いろいろと噂は飛び交っていますが、中部地区を代表するテーマパークとして、

大きく育っていって欲しいものですね。

テーマパークといえば、誰に聞いても、その代表は、“東京ディズニーランド”でしょう。

その東京ディズニーランドは、開園34年を迎えますが、

開園からずぅ〜っと国内テーマパーク来場者数1位、不動の人気を誇っています。

.

その要因の一つに、キャストと呼ばれるスタッフが、

ルールを守っているからと言われています。

中でも、「絶対やらないこと」が4つあります。

1:ゲストの転倒を防ぐため、しゃがんだままで掃除をしない。

2:「わかりません」を言わない。

3:間違った知識や礼儀を欠いた言動でゲストの夢を壊さない。

4:世界観を壊さないため、迷子のお知らせの放送をしない。迷子はキャストが連携して探す。

以上です。

.

注目すべきは、2番目の「わかりません」を言わないことです。

この「わかりません」という言葉を言わないことを、

スタッフに徹底させて伸びている会社は、実にたくさんあります。

日本電産もそうですし、

キング・オブ・レクサスと呼ばれている、

名古屋市のレクサス星が丘もそうです。

ライザップの瀬戸社長も同じことをおっしゃっていました。

「わかりません」という言葉を使いますと、

脳が停止状態になって考えることをストップさせるそうです。

それに「わかりません」という言葉には、

責任転嫁グセやあきらめグセをつけてしまうという恐ろしい面もあります。

しかし、人間ですから、本当に知らないこともありますが、

そんな時は、「今は、知りません」と言った方がいいようです。

.

実際ディズニーランドの場合、

本当に知らない時、もしくは忘れてしまったときでも、

キャストたちは「わかりません」と即答することがありません。

では、一体どうしているかと言いますと、“からくり”があります。

そのからくりというのが、

「フラッシュ3333」

と呼ばれる内線番号があるそうで、

キャストが困ったときにオペレーターに連絡をする内線番号で、

キャストが答えられないような質問を訊ねられたときに連絡し、

その質問内容をオペレーターが即座に調査することで、

「わかりません」と言わなくて済む!という訳です。

そういう困ったときに、対応できるシステムを組織しているところが、

オリエンタルランドのすごいところですね。

.

以前、香港ディズニーランドに行った時に、東京ディズニーランドと、

あまりにも違いがあるので、驚いたことがありました。

それは、スタッフの教育の徹底が、全く異なっていることでした。

この「わかりません」を言わない徹底は、イベントにおいても、

大切なことかもしれません。

お客様は、スタッフに聞けばわかると思い、聞いているのに、

そのスタッフが、「わかりません」と、応えたら、

お客様は、困るに決まっています。

.

ディズニーランドの五つ星接客に近づく第一歩は、

『わかりません』を言わないことですね。

「余の 辞書に不可能という文字はない。」にあやかって、

“私たちの行うイベントに「わかりません」という言葉はない。”

ですね。

では、また来週!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

8月 19 2017

那由多な独り言358

今日は、何だか久しぶりに夏らしい天気ですね。

明日は、久しぶりに夏祭りの現場に行ってきます。

屋外ですが、屋根があるので、直射日光には当たらないかと思いますが………、

たぶん汗だくにはなるでしょう………。

.

夏のイベントといえば……、

確かに、夏祭りは代表的なイベントですが………、

もう一つ、代表的なイベントといえば………、

思い浮かぶのが、“お化け屋敷”です。

でも、今シーズンって、お化け屋敷がなかったような……、

気がします。たぶん………。

.

最近のお化け屋敷って、すごくエピソードが凝っていて、

そのストーリーに拘っているものが多いですよね。

一昔前は、ただ、グロイお化けが出てきて脅かすとか……、

昔の民謡に纏わる逸話にスポットを当ててみたりとか……、

都市伝説を利用して、それをテーマに会場をデザインしたり……、

せいぜいそんなものでした。

でも、最近では、その拘ったストーリーを、場内を回る前に、エピソードとして、

映像を見せたり……、

MCが解説したり……、

役者がショートで演じたり……、

そして、十分に頭の中で想像を膨らませたあと、

いよいよ場内に踏み込んでいく……。

それが、最近のお化け屋敷の大道になっています。

そんな怖~いお化け屋敷をイベントで開催したかったら、

是非、弊社にご相談下さい。

.

お化け屋敷といえば、

ビジネスをお化け屋敷に例える話があります。

それは、

『人生はオバケ屋敷』

と言う考え方です。

どういう意味かというと……、

そもそも、オバケ屋敷は、最初からオバケが出るって、

わかっているのに、お金まで出して入る訳です。

それに、わかっているのにコワイ訳です。(笑)

しかも、お金まで払って、本当は変な話ですよね!

.

人生も同じで、オバケ屋敷の仕掛けが、

スタッフの方がタイミングよく作動させてくれてるように、

自分の人生にも、グッドタイミングで“失敗”というお化けを、

神様が仕掛けて出してくれている。

そして、「ギャーギャー」騒いでいる姿を上から見て、

「うまくいった」と喜んでいる……。みたいな感じという訳です!

.

失敗は起こるべくして起き、

ちょうど今の自分にとって、必要なことが起きている。

致命傷になる前に気づかせてくれている……。ということのようです。

失敗はイヤですけど、その失敗から学ぶこと、成長することは、山ほどあります。

オバケ屋敷の仕掛けように、そもそも、起こるべくして起きる訳ですし、

失敗オバケが出るってわかっているのですから、

大いにギャーギャー叫んで前進、また前進!

そして、オバケ屋敷を出た時のあの爽快感!

明るくてさわやかな気持ちを味わって、

ハイまた次!また次!

ですね!

大きな失敗をしたときや、トラブルを

解決した時の爽快感!

それが、お化け屋敷を出た瞬間の爽快感と重なる訳です。

.

以前から思っていたことですが、

成長している人は、失敗の回数も多い!

成功する人は、うまくいっている数が多いのではもちろんですが、

失敗の数もその何倍も多いということを改めて感じています。

結局、何らかの行動を取れば、必ず失敗の可能性がありますので、

新しい行動を取れば取るほど、失敗の「回数」は増えていきます。

当たり前ですが、ココがとても大事ですね!

失敗を恐れてチャレンジをしないと、

絶対に成功しないわけですから、

「失敗の確率は100%」

100%成長なし!成功確率が0%!

これに加えて、学びも0ですから、

これ以上、悪い結果はあり得ません。

.

あるテニスのトレーナーに聞きました。

上達の早い人は「トライアル&エラー」を、

繰り返す速度が半端なく早いのだそうです。

つまり、人より失敗の数が多いのですが、

そこから色んなことを学んでは、次につなげて、

みるみる内に上達していくという訳です。

やろうかやるまいか考えて悩むより、

自分にとって必要なことなら、トライして、

いろんな経験をした方が得るものは大きいのです。

.

失敗の状況こそ、最高の学びの場であるということを一度理解してしまうと、

いちいち落ち込むのではなく、失敗するとかえって、「ラッキー!!」

とすら思えるようになる……。というのが成功している人たちの考え方の様です。

もちろん、取り返しのつかない失敗はダメですが、

失敗の99%は取り返しがつきます。

ですから、どんどん失敗をした方が、どんどん学べることになります!

ユニクロの柳井社長も

「僕はずっと失敗してきた。今までのどのビジネスでも一勝九敗くらい。

唯一成功したのがユニクロです。

致命的にならない限り失敗はしてもいい。

やってみないとわからない。

行動してみる前に考えても無駄です。

行動して修正すればいい。

と、お話しています。

.

成功は、勝率ではなく、経験数ですね!

よく成功の秘訣は、

「失敗を恐れるな!」

だと言われることが多いのですが、

やっぱり、失敗はコワイものです。

でも、お化け屋敷がコワいというのと同じと考えれば、

お化け屋敷が、お金を払って入るように、

失敗もお金を払ってでも経験した方がいいということですよね。

失敗やトラブルなどのトンネルを抜けた時の爽快感!

“カ・イ・カ・ン”と感じるまで、

失敗を積み重ねましょう。

では、また来週!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

0コメント

Next »