那由多な独り言458

令和初上陸の台風6号は、名古屋に通過前、熱帯低気圧に変わってしまいました。

本日のイベントを軒並み中止にしておきながら、

あっさりと、姿を変え、いつもの雨天の土曜でした。

そう、今日は土曜の土用の丑の日。

そういえば、最近、うなぎ食べてないなぁ。

土用のうなぎと言えば、夏バテ解消ですね。

今年は、まだまだ本格的な夏の暑さとは違いますが、

毎年の暑い夏の代名詞と言えば、熱闘、甲子園です。

高校球児の夏は、今年も熱い戦いを繰り広げています。

今年の一番の注目選手の佐々木投手(大船渡高校)は、

岩手県大会決勝で、花巻東高校に敗れ、甲子園出場は果たせなかった。

しかし、この決勝で、注目の佐々木投手は、1球も投げることなく、

この采配に、賛否両論うずまいた。

彼が投げていれば、甲子園の切符を手に入れる可能性は大きかったはず……と、

誰もが思っていて、故障のリスクとの天秤は、プロ野球のOBたちでも、

意見の分かれるところ………。

 

この佐々木投手、高校進学の時に、大阪桐蔭高校のスカウトを断って、

今の高校に進学したらしい。

大阪桐蔭にいたら、もしかしたら、甲子園で優勝していたかもしれませんが、

そのスカウトを断った理由が………、

中学時代の仲間たちと、野球をしたかったから、

そのまま進学したらしい。

でも、その仲間たちと甲子園に行くという夢は、

達成されないまま終わってしまった。

人生には、幾度どなく岐路が現れ、どちらに進むかで、

時には、大きく人生を変えてしまう……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史上初となる2度目の甲子園春夏連覇を、

成し遂げた大阪桐蔭高等学校硬式野球部。

全国屈指の強豪校が鎬を削る世界において、

ひと際輝かしい実績を積み重ねてきたチームの強さの秘密は………、

“個人を鍛え、チームで勝つ”

ということらしい。

その監督の話を紹介しましょう。

~~~

個人の集まりがチームですから、チームを強くしようと思ったら、

まず個人をどれだけ鍛えていくかが大事だということです。

ですから、秋の大会が終わって、翌年の春の大会が始まるまでは、

チームワークが悪くなってもいいので、

とにかく己が強くなることだけを考えてやれ、

六十人のうちトップ二十人がメンバーに入れると伝えています。

 

いまの子供たちはものすごく仲がいいんですよ。

それはいい面もあるんですけど、時として弱さに繋がることもあるので、

敢えて、隣でサボっているやつがいても、声を掛けなくていい、

同じポジションのやつとは、口をきかないくらいに競い合えと伝えます。

その後、ある時期に来たら、皆で集合して、

ここまで個人を鍛えてきたけど、

ここからはチームとしての組織力を上げていきたいので、

もし自分がベンチ入りメンバーに入れなかったら頑張れないという気持ちでいる者は、

明日からグラウンドに来ないでほしい、

という言い方をするんです。

 

メンバーから外れた子たちは、裏でワンワン泣きます。

でも、練習が終わったら解散ではなく、全員寮に帰るわけです。

同級生三人ずつが同じ部屋なんですけど、

二人入って一人外れる、一人入って二人外れる、

三人とも入る、三人とも外れるという四つの場合がある。

 

もし一人部屋だったら不貞腐れようと勝手ですが、

仲間がいる前でそんなウジウジした姿を見せるのは格好悪いですよね。

そうすると次の日から、バッティングピッチャーや雑用、

さらには相手校の偵察など、献身的にチームのサポート役に回ってくれるんです。

彼らの姿勢を見て、メンバーの子たちも

「あいつらは悔しい思いをしているのに、

こんなに頑張ってくれている。

あいつらのために絶対勝とう!」

と言うようになる。

 

私たちは「一球同心」をスローガンに掲げているんですが、

そのように自分のためではなく、誰かのためにという思いで心が一つになれば、

負けにくいチームがつくられると思います。

~~~

ONE FOR ALL

ALL FOR ONE

という言葉がありますが、

『1人はみんなのために、みんなは、一つの目的のために。』

1人がみんなのために動くようになったチームは、

一丸となって、目的を達成できる。

ここに、大阪桐蔭の強さの秘密があるようですね。

ビジネスの世界においても、一人一人がみんなのために働くことのできる会社は、

必ず成長し、その目的を達成することができるわけです。

そういう会社に成長したいですね。

清聴ありがとうございます!

関連記事

那由多な独り言153

こんばんは!!! またまた一週間が過ぎてしまいましたね。 毎回、言っていますが、早いものです。 こうして、いつの間にか一か月が経ち、 そうしている間に1年が過ぎ、 そして、気が付けば10年が経過し、 思い起こせば、20年[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言308

ブログでちらほら出てきていましたが、 8月29日は、ZATの会社の設立記念日でした。 因みにチームの創立記念日は、12月1日です。   今から、29年前、昭和62年7月19日(日)から始まった 『キャスティバル犬山‘87[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言462

昨日のなぞのめがねブログに、懐かしい写真がありました。 会社を創る前のまだ、アクションチームの時代です。 あの頃の自分は、何も不可能な事はないと、ごく自然に思っていました。 周りが、どんなに“そんなことは絶対にできない![…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言232

  『花の色は、移りにけりないたづらに 我身世にふる ながめせしまに』   小野小町が在原業平を思う恋心を歌にして 表現した春の歌です。 現代訳では、 “長雨の中、ぼんやりと眺めていると、 花の色もすっかり色あせてしまう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言379

今日は寒いですね。 大寒波が日本を覆っているらしいです。 こういう寒さは、屋外のイベントでは、ボクシングのボディブローのように、 じわりじわりと凍みてきます。 明日も頑張りましょう。 . 今年の成人式は、大波乱でしたね。[…]

[» 続きを見る]