バリウム出ん!なぞのメガネの昔話

こんばんは、管理人なのにブログをサボるなぞのメガネです…。

しかも一番キャリアの古いこのおじさんが、会社の設立記念日を気にしていないなんてぇ!情けない!すみません社長!!遅いですが、この場を借りてお詫びいたしますm(_ _)mスミマセンデシタ

いやあ しかし20年ですよZATが!おめでとうございます~(だからおそいって!)

自分は今はまったくアクターやってないけど、ナユタさんがブログのとり上げてくれたとおり、ばりばりアクターだったんだ!今でもやりたいんですけどね~。体が~(_´Д`)ノ~~

とはいえ、東京や大阪では自分の年や、それ以上、50過ぎてる人でも現役でやってる方もたくさんいるんだよね。がんばんないと。

テレビのスーツアクターなんかはほとんど同年代ですしね。がんばってますよね。

その中で、愛知県出身のスーツアクター竹内くんは実は高校の同級生で、高校のころからJAC(現JAE)に研修生として通ってまして、彼は俳優になるつもりだったんでしょうが、今や超有名スーツアクター「ミスターグリーン」になりました。

そのころ自分とO(ナユタさんブログに登場)はすでにキャラショーにはまってました。

 

ところで、ナユタさんブログで、自分にとっては辛い武勇伝をアップしてくれてました。

もうちょっと詳しくお話しましょう。

「〇タルダー&〇ピルバンショー」←昔はこんなんできたんです。出演時の脱臼の話です。

自分、高校バレー部で、練習中に肩をひどく脱臼し、それ以来脱臼癖がついてしまい、それでもアクションが好きで度々脱臼しながらでもアクションやってたんです。本番でやっちまったのは初!

悪夢のこの日、自分は〇ピルバンでした。あの時は、痛みこらえて殺陣やったんですが、最後の最後、どうしても登場できず悔しくて、こんなに泣いた事ないってくらいずっと帰りの道中泣いてました。情けないですが…。

ちなみに脱臼してからパンチは一度も出てないです。肩でパンチです(ー’`ー;)

ラスアク、〇タルダーピンチでお助けで登場のところ シーン…

〇タルダーは事の次第を理解できず〇ピルバンをずっと待ってました。影声で何度も響き渡る必殺技の名乗り「〇ーザーアーム!…レー〇ーアーム!レーザー〇ーム!!」でようやく理解し、ピンチを必殺技レーザーアー〇で倒し、勝利。

脱臼した肩というのは触っただけで激痛が走り、衣装を脱ぐこともままならないため、〇ピルバンが出てきたのは握手会の中盤。〇タルダーピンチにどこいっとったんじゃ!と言う感じで登場です。

その現場が最後、脱臼の手術を決めました。当時某会社員で全然キャラショーと関係ない会社の保険で(゚o゚;) ハッ 悪!

痛い思いをしてもまた復帰してしまう!アクターは皆そうです!

また機会があればアクターやりたいっすね! (^_^;ほんとか?

 

ところでぜんぜん話かわりますが、昨日健康診断でバリウム飲みました。通常すぐ下剤で〇ンコは出るんですが、出ないので、下剤を追加&水分ガッつりとってもダメで、これはヤバイ、セメントになるっつーことで、家に帰り、酒をがばがば飲み様子を見たんですが、ダメで結局夜中の3時ごろ「ぐるるる~~~ぴー!!!」

飛びおきてフィーバー!

スッキリ、安心!爆睡!

めでたしめでたし

いい年してなんのこっちゃ~このブログ~

終わり

関連記事

木曜132めい

ズババババーーン! ズッキュウウウーーーーーン! もじゃもじゃです。 雨がザーザーと降っております。 ジメジメしてもやもやでシオシオになる毎日です。 擬音語が、 好きです!! 擬音語。 もじゃもじゃは物事を説明するときに[…]

[» 続きを見る]

そうだ、厄払いにいこう。

こんばんは あかトマトです 初夢では高校生でした。 今年は高校生設定で過ごしたいと思います。 あ、でも 高校生だとお酒飲めないし いろいろできないことあるから やっぱり今年もハタチにします。 後厄です。 現実でも後厄です[…]

[» 続きを見る]

さあ3月です!

なぞのめがねです。どうも   3月は中盤くらいから忙しくなりますね。 名古屋のイベント会社有限会社ザットインターナショナルは。   スター☆トゥインクルプリキュアショーも始まります。 騎士竜戦隊リュウ[…]

[» 続きを見る]

エコカー怖い~

どおも、なぞのメガネです。   最近車の運転がまわりの人と合ってない気がしてます… いや、なんか車のスピード感がわかっていない方が多い?のか?自分の車のせいなのか?   何故か、自分の車の進行先の脇からぶつかるだろっ!ぐ[…]

[» 続きを見る]

早いもので・・・

こんにちは 火曜定休日です。 来週いよいよ最終回の 「真田丸」 1月10日から始まった真田丸 後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。真田幸村(真田源次郎信繁)物語。 久しぶりに大河ドラマを全話見ました。[…]

[» 続きを見る]