バリウム出ん!なぞのメガネの昔話

こんばんは、管理人なのにブログをサボるなぞのメガネです…。

しかも一番キャリアの古いこのおじさんが、会社の設立記念日を気にしていないなんてぇ!情けない!すみません社長!!遅いですが、この場を借りてお詫びいたしますm(_ _)mスミマセンデシタ

いやあ しかし20年ですよZATが!おめでとうございます~(だからおそいって!)

自分は今はまったくアクターやってないけど、ナユタさんがブログのとり上げてくれたとおり、ばりばりアクターだったんだ!今でもやりたいんですけどね~。体が~(_´Д`)ノ~~

とはいえ、東京や大阪では自分の年や、それ以上、50過ぎてる人でも現役でやってる方もたくさんいるんだよね。がんばんないと。

テレビのスーツアクターなんかはほとんど同年代ですしね。がんばってますよね。

その中で、愛知県出身のスーツアクター竹内くんは実は高校の同級生で、高校のころからJAC(現JAE)に研修生として通ってまして、彼は俳優になるつもりだったんでしょうが、今や超有名スーツアクター「ミスターグリーン」になりました。

そのころ自分とO(ナユタさんブログに登場)はすでにキャラショーにはまってました。

 

ところで、ナユタさんブログで、自分にとっては辛い武勇伝をアップしてくれてました。

もうちょっと詳しくお話しましょう。

「〇タルダー&〇ピルバンショー」←昔はこんなんできたんです。出演時の脱臼の話です。

自分、高校バレー部で、練習中に肩をひどく脱臼し、それ以来脱臼癖がついてしまい、それでもアクションが好きで度々脱臼しながらでもアクションやってたんです。本番でやっちまったのは初!

悪夢のこの日、自分は〇ピルバンでした。あの時は、痛みこらえて殺陣やったんですが、最後の最後、どうしても登場できず悔しくて、こんなに泣いた事ないってくらいずっと帰りの道中泣いてました。情けないですが…。

ちなみに脱臼してからパンチは一度も出てないです。肩でパンチです(ー’`ー;)

ラスアク、〇タルダーピンチでお助けで登場のところ シーン…

〇タルダーは事の次第を理解できず〇ピルバンをずっと待ってました。影声で何度も響き渡る必殺技の名乗り「〇ーザーアーム!…レー〇ーアーム!レーザー〇ーム!!」でようやく理解し、ピンチを必殺技レーザーアー〇で倒し、勝利。

脱臼した肩というのは触っただけで激痛が走り、衣装を脱ぐこともままならないため、〇ピルバンが出てきたのは握手会の中盤。〇タルダーピンチにどこいっとったんじゃ!と言う感じで登場です。

その現場が最後、脱臼の手術を決めました。当時某会社員で全然キャラショーと関係ない会社の保険で(゚o゚;) ハッ 悪!

痛い思いをしてもまた復帰してしまう!アクターは皆そうです!

また機会があればアクターやりたいっすね! (^_^;ほんとか?

 

ところでぜんぜん話かわりますが、昨日健康診断でバリウム飲みました。通常すぐ下剤で〇ンコは出るんですが、出ないので、下剤を追加&水分ガッつりとってもダメで、これはヤバイ、セメントになるっつーことで、家に帰り、酒をがばがば飲み様子を見たんですが、ダメで結局夜中の3時ごろ「ぐるるる~~~ぴー!!!」

飛びおきてフィーバー!

スッキリ、安心!爆睡!

めでたしめでたし

いい年してなんのこっちゃ~このブログ~

終わり

関連記事

ども、ナゾのメガネです。

我がZATインターナショナルは今週末からイベントの現場が少しずつですが、戻ってきてます。 プロ野球もJリーグも開幕、再開の日程も決まってきました。 この調子でエンターテイメント業界も復活していってほしいですね。 &nbs[…]

[» 続きを見る]

歩くっていいね!

どおも、なぞのメガネです。     今週はよく歩く週になりそうです。   昨日はスマホの歩数計で13000歩超え、前日は10000歩弱、多いのかはよくわかりませんが・・・ 足は痛いす。(((((;ω;) 幾度かのケガでダ[…]

[» 続きを見る]

∩`・◇・)目指す者・・・

こんばんわ!   ラムネです!   お久しぶりです。   久々すぎて何を書いていいのか(笑   なぞめがねさんがコレクションを載せてしまい、   流石に・・・敗北感が!     しかし!!!     負けません(笑 勝負[…]

[» 続きを見る]

桜ももうすぐ終わる・・・

どもども、かずっしーです。   季節はすっかり春ですね!!!! 今日までめちゃくちゃ寒いですけど笑   知ってます?今年の桜、変なんです! いつもなら予報の満開日には公園や花見スポットは大体 満開で迫[…]

[» 続きを見る]

こんにちは!

初めまして! 新入社員のボンノウです。 人はみな煩悩をもって生きるもの。 煩悩とは簡単に言えば欲です。 私はある経験で人間の欲深さとがめつさを知りました。 あまり響きのいいものではありませんが、人間はみな欲を持って生きて[…]

[» 続きを見る]