那由多な独り言181

何か、歯車がかみ合わない気分の時って、ありますよね。

でも、悪いことをイメージしていると、どんどん負のスパイラルに陥ってしまう。

そんな底なし沼に足を踏み入れてしまい、もがき苦しむことも

長い人生の中であるかと思います。

そういう時こそ、調子の良い時を思い出し、そういうイメージを思い描くことが、

負のスパイラルから這いずりでる一つの方法ではないでしょうか。

 

イメージするということがいかに大切かということを

考える話があります。

 

オリンピック男子100メートルの優勝記録を

列記してみました。

1896年アテネ    12秒0

1900年パリ      11秒0

1904年セントルイス 11秒0

1908年ロンドン   10秒8

1912年ストックホルム10秒8

1920年アントワープ 10秒8

1924年パリ     10秒6

1928年アムステルダム10秒8

1932年ロサンゼルス 10秒3

1936年ベルリン   10秒3

1948年ロンドン   10秒3

1952年ヘルシンキ  10秒4

1956年メルボルン  10秒5

1960年ローマ    10秒0

1964年東京     10秒0

1968年メキシコシティ9秒95

1972年ミュンヘン  10秒14

1976年モントリオール10秒06

1980年モスクワ   10秒25

1984年ロサンゼルス  9秒99

1988年ソウル 9秒92

1992年バルセロナ 9秒96

1996年アトランタ 9秒84

2000年シドニー 9秒87

2004年アテネ 9秒85

2008年北京 9秒69

2012年ロンドン 9秒63

<2秒37のイメージ>

1896年は12秒でした。

今でしたら日本の女子中学生のトップクラスは、

ほとんど12秒を切っています。

1900年11秒で始まり、

1932年から10秒前半が出はじめ

ローマ・東京で10秒フラット

1968年ついに10秒の壁を破り9秒96

そして、カールルイスが登場し、

1988年9秒92

2008年北京でボルトが9秒69。

2012年ロンドンでボルトが9秒63で2連覇を達成しました。

 

さかのぼってみますと人類は

116年間で2秒37更新した訳です。

偉大なる2秒37ですね!

 

しかし、ちょっと不思議に思うのが

100年前の記録を今では日本の女子中学生が出せているという事です。

100年前の金メダリストの方が今の女子中学生より足腰は強かったでしょうし、

筋力だってはるか上だったと思います。

では、どうして?

 

これには、人間の想像力、イメージが関係していると思われます。

つまり、100年前の人は人間が100mを9秒台で走れるなど思いもしなかった!

要するに、イメージできなかったからだということです。

人間はイメージできないことはやれませんから、

現実にもできません。

 

100年前は11秒で走った人を見て、その記録を破る事は、

イメージできますので、それを目標にして挑戦し10秒台がでる。

すると今度は、その記録を破ることをイメージして、また新記録を出し、

またそれを・・・といった具合です。

 

今では9秒58のボルトの世界記録を破ることを目標に、

ランニングフォーム、トレーニング方式やシューズの改良など

コーチやメーカーが総力をあげて色々な課題に取り組み、

問題をクリアして新記録に挑戦しています。

 

2016年には、また新記録が出るかもしれませんし、

今から100年後は9秒を切っているかもしれませんね!

この100mのことは、仕事においても共通するところがあります。

 

売上をあげるにも鮮明なイメージが必要です。

イメージを鮮明にするには、自己新記録に挑戦し、

創意工夫で達成して、初めてその先のイメージが鮮明になります。

イメージは他人がイメージできてもその本人ができなければ、

実現は不可能です。

 

この仕事は失敗するなと思えば失敗するし、

うまく行くとイメージができればうまく行きます。

野球で三振すると思いながらバッターボックス入って、ホームランは打てません。

小さな家を想像していて大きな家は建ちません。

 

自分が働く会社が今のままの状態しかイメージできなければ、

会社は発展していかないということです。

逆に、社員が数千倍に増え、大きなオフィスで、働くイメージを

描くことができれば、会社は発展していくということです。

 

「蟹は甲羅に合わせて穴を掘る」ように、

自分のイメージ・想像を気高いものにしないと、

結局は自分の心のスケール以上の人生は創れないということですね!

 

先週のブログでイマドキの若者たちの思考を書きましたが、

競争をしないように育ってしまったので、勝利する喜びがわからず、

成功がイメージできなくなってしまたのではないでしょうか。

しかし、全ての若者が同じ状況ではなく、

先日のソチオリンピックでも、メダリストになった若者もいます。

いろいろな大会で勝利することによって、

成功をイメージできるようになったのだと思います。

 

さぁ、大きな未来をイメージし、成功への一歩を踏み出しましょう。

では、また来週。

繝悶Ο繧ー繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー繝サ縺ォ縺サ繧薙ヶ繝ュ繧ー譚代∈
にほんブログ村

zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、5点、4点。

おめでとう。

関連記事

那由多な独り言177

よく、ブログの初めに、 “時が経つのは早い”って、 書いていました。 年齢を重ねると、時が過ぎるのは、 若い時より、ずっと早く感じるようになります。   それは、残された時間が、 どんどん少なくなっている証拠かもしれませ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言437

先週のブログにも少し話題が出ていましたが、 先日、弊社が事務局をしている“一般社団法人日本イベント協会”が主催して、 「障害者差別解消法 対応セミナー」が開催されました。 皆さんは、“障害者差別解消法”は、ご存知でしょう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言451

最近、会社説明会やら、面接が、目白押しです。 と、いうと大袈裟かもしれませんが、 ZATは、毎年新卒採用をしていて、今が旬という感じです。 でも、世間では、すでに半分以上の学生が内定を持っているといいます。 毎年、就活の[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言530

コロナの感染数が、なかなか落ち着きませんね。 かなり医療関係も切迫しているようで、 予断を許さない状況が続きそうです。   世界ではワクチンの接種が始まった国もありますが、 日本では、まだまだ先のことになりそう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言212

こんばんは。 寒くなりましたね。 日本各地で冬の訪れを感じるニュースで賑わっています。 年々、秋や春が短くて、暑いと思っていたら、寒くなり、 厳しい寒さに震える日々から解放されると、 いつの間にか、じっとしていても汗ばむ[…]

[» 続きを見る]