那由多な独り言449

まだ、5月だというのに、完全な夏日でした。

最高気温は、35℃で、全国で熱中症の症状で、病院に運ばれた人も多くいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

こういう日は、屋外のイベントは、とても大変で、

屋外イベントに行ったスタッフは、みんな真っ赤な顔をして帰ってきます。

今日は、自分も屋外にいたので、真っ赤なパンダになってしまいました。

それに、時間が経つと、ドンドン赤くなるので、ちょっと、不用心過ぎました。

 

でも、世の中には、やってみないと分からない事が多いですよね。

やってみて、初めてわかるって、まぁ、当たり前かもしれません。

 

やれば分かる。

やらなければ分からない。

 

だから、新入社員の皆さんは、経験がない訳だから、

いろいろな事が、やってみなければわからない状態です。

 

だから、やってみて、当然、失敗する事もたくさんあります。

失敗したら「ごめんなさい」と謝って、やり直せばいい」

目標を決めたら、いつまでもグズグズと迷っていないで実行あるのみ。

(小倉昌男:宅急便の生みの親)

 

よく耳にすることだが、成長できる人は、教わったことをそのまま素直にやる。

成長できない人は、教わったことを素直にやらず、

自己流をプラスしてやりはじめる。

素直は本当に財産だと思う。

こんな実話があります。

 

経営の神様・松下幸之助氏が、将棋十五世名人・大山康晴氏と対局をした。

いくら経営の神様でも将棋は素人、大山名人が対局するはずがない。

ところが、対局し松下幸之助が勝ってしまった。

大山名人が手を抜いたのか?

経営の神様が天才的な能力を発揮したのか?

 

どちらも違います。

 

松下氏は、難しい局面や指し手に困るたび大山名人に、

「先生、ここではどう指せばよいでしょうか?」

ときいて、大山名人に言われた通りに指していたら、

大山名人にとうとう勝ってしまったという訳だ。

わからないことを素直に聞いてその通りやる。

さすが、素直名人 松下幸之助だ。

 

しかし、教えを乞うてきた対局者に対し、

「素直に」応えた大山名人もスゴイですょね。

どちらも「素直名人」という訳です。

 

成功の原理原則も、素直にやることがとても大事な事です。

分かってからやろうとするから、いつまでたっても自分のものにできない。

 

やれば分かる!

やらねば一生、分からない。

昔の人は、何事も経験と、よく言ったものです。

 

関連記事

那由多な独り言487

最近、弊社では、インターン花盛りです。 入社前の実務研修にきている4月からの新入社員をはじめ……、 毎週のように、インターンの学生が、イベントに参加しています。 弊社も新卒採用に取り組んで、早10年が過ぎ………、 正確に[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言315

こんにちは。 土曜レギュラーが少しイレギュラーな更新になってしまいました。 ちょっと、旅してきました。 こういう時期に旅する事は珍しいのですが………。   さて、このブログのタイトルは、独り言ですが、 以外に独り言って、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言246

今日は久々に良い天気ですね。 昨日は、若い頃によく行った“サ店”の近くに用事があったので、 久々に寄って昼食をしました。 そこは、大盛りでも料金が変わらないので、 ついつい昔のクセで“W”(大盛りのこと)を頼んでしまいま[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言319

皆さん、知ってました? もう、11月の後半ですよ。 今年も1ヵ月余りで終わってしまうんですよ。   先日、流行語大賞の言葉がノミネートされて、 “PPAP”、“都民ファースト”、“ゲス不倫”、“神ってる”などなど………、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言260

昨日、ボクシングの世界タイトル戦があり、あの亀田三兄弟の長男、 亀田興毅が敗戦の後、引退を発表しました。 テレビが作り上げたボクサー一家とはいえ、 世界タイトルを三階級制覇した実力は、 まぎれもない事実であります。 彼は[…]

[» 続きを見る]