那由多な独り言481

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい年になりました。

令和2年だけど……、令和最初のお正月ですね。

皆さんは、今年をどんな年にしますか?

いつも年の初めは、“今年こそは……”と思いつつ、

大晦日に、“いつの間にか今年も終わってしまう……”

と、繰り返してしまう人も多いのではないでしょうか。

自分もそんな感じですが、

ただ……、ただ……、確実に、毎日24時間が過ぎていき、

365回繰り返すと、また、新しい年がやってきます。

その繰り返しの中で、自分が何を残すことができるのか、

毎年、“チャレンジ”あるのみです。

 

作者は不明ですが、非常に考えさせられる詩を紹介します。

~~~~~

大きなことを成し遂げるために

力を与えてほしいと神に求めたのに

謙遜を学ぶようにと 弱さを授かった

 

偉大なことができるように健康を求めたのに

よりよきことをするようにと 病気を賜った

 

幸せになろうとして富を求めたのに

賢明であるようにと 貧困を授かった

 

世の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに

得意にならないようにと 失敗を授かった

 

人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに

あらゆるものをいつくしむために 人生を授かった

 

求めたものは一つとして与えられなかったが

願いは すべて聞きとどけられた

 

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず

心の中の言い表わせない祈りはすべて叶えられた

 

私は 最も豊かに祝福されたのだ

~~~~~

 

一読すると矛盾しているようで、

意味がよくわからないと思う方もいるかと思いますが、

この詩は世界中の病院や教会で伝えられ、

キリスト教徒ではない人にも多くの共感を呼んでいるものです。

 

誰にでも一生のうちに幾度かは「神様お願い!」と思う瞬間があって、

それでも叶えられないことの方が多いのが現実です。

この詩は、その叶えられないことの中にこそ、

真理があるのではないかということを私たちに示唆してくれているのです。

ようするに、全て願い通りになる人生よりも、

叶わぬ現実を感じながら、明日への希望の光を求めて生きていく方が、

人は幸せであるということですょね。

 

本年もザットインターナショナルをよろしくお願いします。

 

 

関連記事

那由多な独り言298

 昨日、歴史が動きました。 かねてから、欧州連合(EU)を残留するか離脱するかで、国を二分する対立をみせていた 英国の国民投票で離脱派が勝利した。 投票結果は、拮抗しながらも離脱支持票が過半数となり、 今後は、約2年とい[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言289

経済産業省が2016年1月に発表した「特定サービス産業動態統計調査」によれば、 日本国内の主要な遊園地・テーマパークにおける2015年の年間入場者数の合計は、 8145万2978人で、前年の7842万7889人より4,5[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言422

                今日は、他球団を魁て、ドラゴンズのファンフェスタが開催されました。 毎年、そのシーズンの最終行事として、12[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言112

いよいよですね~。   何がって……、     もちろん、     総選挙。   AKB?     いやいや、衆議院選です。   今度の選挙は、どこに入れるか決められない、という声があるそうですが、 確かに政党がたくさん[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言284

いや~春ですねぇ~。 桜の花も満開のようです。 花見をされる方々は、今がチャンスです。 のんびりしてると終わっちゃいます。 春と言えば、始まりの季節ですよね。 学生たちは、新学期が始まり………、 社会人たちは、新入社員た[…]

[» 続きを見る]