那由多な独り言110

今日からいよいよ12月ですね。
今年もカウントダウンが始まりました。
さぁ、今日は土曜、那由多な独り言です。

 

あれ?

 

と思った方もいるかと思いますが、自分もあれ?って、思いました。

そう、金曜ブログがないんですよ。

先週は、祝日だからお休みかなって、思いましたが、今週はなぜでしょう。

どこへ行ってしまったんでしょう。

 

謎です!

 

なぞです!

 

ナゾです!

 

 

まぁ、その話はこの辺で、“よいしょ”って感じで横にでも置いといて。

 

 

さて、それでは、ZATの歴史でも振り返ってみましょうか。

ZATの歴史を振り返る~第8弾!~

 

ZATでは、毎年、多くのアクターとともに、多くのMCがデビューしていく。

そう、アクターの育成だけでなく、MCの育成もしています。

 

但し、基本的には戸籍上、女性になっている人だけなので、現在のところ男性MCのデビューはありません。

でも、MCの勉強会に男性が参加していたことはありました。

 

キャラクターショーの“悪ボス”と呼ばれるしゃべりの勉強のため、

かつて、活躍していた“ミニ四駆”のキャラたち(博士や〇〇)として、解説や盛上げをするための勉強のため、

何となく、女の子に囲まれて楽しく勉強したい人など、

たまに、そんな男性諸君が参加することがあったけど、基本的に女性中心で活動しています。

 

ところで、最近、自分が注目している女性アーチスト(タレント)が、“キャリーぱみゅぱみゅ”だ。

かつては、篠原ともえや相原勇など、強烈な個性を持った人に注目していた。

 

 

そう、MCも大切なのは、“個性”だと思っている。

ZATの歴史を振り返ると、個性的なMCがいろいろと思い出される。

 

そもそも、MCとは、“Master of Ceremony”の略で、文字通り、“その催しの中心となる人”である。

 

だから、できるだけ見栄えの良いことに越したことはないけれど、単に可愛いとか、綺麗な人が、引っ張り凧になるという訳ではない。

そこで、何がポイントになるのかというと“個性”、英語で言えば“character”…。

むかし、昔、MCとしては、見栄えも悪く、しゃべりも新人で、クライアントからクレームがきたMCがいて、周りに彼女はMCに向いていないんじゃないか、とまで言われていた人がいた。

「MCに重要なのは、可愛いとか綺麗とかじゃなくて、個性だよ。」って、話をしたけど、見事に個性をアピールして、

のちには、TVのバラエティーや情報番組で活躍するようになった人もいる。

 

よく、個性を伸ばすっていうけど、それってどういうことかわからないという人がいる。

個性をアピールすることっていえば、何となくわかりやすいと思う。

そのTVで活躍するようになった人は、自分のキャラを確立させたのに成功したんだよね。

 

メガネをかけていたけど、ちょっと派手で変わったメガネにして、髪型を思いっきり巻いてう〇こみたいにして頭にのせたり、正月には、鏡餅みたいな装飾をしたり、クリスマスには、ツリーみたいにして、飾りをつけたり………。

ボキャブラリーを増やすため、新聞を読むだけでなく、浅くてもいいから広い知識を得るために、趣味の本やスポーツ誌を読み漁ったり、しゃべりのテンポをつかむために、いろいろな人のラジオ番組を聴いたり………。

本気でMCをやろうと思ったら、努力をすることは当然だけど、彼女は、外見にもこだわったから、強烈な個性が生まれた。

だから、彼女は成功したと思う。

 

 

他にも、クレームをよくもらったり、周りにMCに向いていないんじゃないかと言われた人がいるけど、その人の場合、そんなに見栄えも悪くなく、しゃべり自体も下手ではなかったから、彼女にはとにかく自信を持たせた。

彼女との話の中で、よく登場したセリフが「私なんて………」。

彼女に足りないのは、自信なんだと思った。

 

先輩だから、新人を教えてあげて欲しい。と言って、彼女に新人を教えさせたり………、

MCの勉強会で、彼女のしゃべりの良いところをしっかりと褒めてあげたり………、

現場での報告を聞いて、失敗があれば、それをどうすれば繰り返さないか、アドバイスしたり………、

ぎんぎらギンにさりげなく、ヨイショしたり………。

そのうち、彼女は自信を持つようになって、現場担当から敬遠されていたのが、指名されるようになった。

 

 

むかし、自分がMCの面倒を見ていた頃、みんなによく話をしたのが、

「型にハマらなくていいよ。」

「例えば、キャラクターショーのお姉さんは、こういうことをしゃべるんだって、台本みたいなものはあるけど、最初は暗記するのもいいけど、必ずしもその通りにしゃべらなくてもいいんだよ。」

 

それを見事に実践した人がいた。

 

むかし、よく悪ボスがお遊びで使っていたようなネタやギャグを連発して、客席を思いっきり盛り上げるMCだ。

 

『みなさ~ん、こんにちは。  今日はここに誰が来てくれているか知ってるかな~。』

 

『そうです。今日はみんなの大好きな                  〇〇お姉さんがやってきました。』

と、絶妙な間を挟んで言ったみたり………。

 

 

 

『あ~、あんなところに………』と、しゃべりの途中で急にステージ後方を指さし、

『〇〇レンジャー                 のTシャツを着た男の子がいる。』

と、絶妙な間を挟んで言ってみたり………。

 

強烈なインパクトのあるMCだった。

 

 

 

新人のMCには、緊張を解きほぐす意味で、

「とにかく、頭の中が真っ白になって、何を言っていいかわからなくなったら、キャラクターを呼べば、ショーが始まるから…。」

と、言うけど、それを、実践した人もいた。

 

『は~い、みなさ~ん、こんにちは~~』

『…………。』

『それでは、大きな声で〇〇レンジャーって、呼んで下さい。』

 

てな感じでショーが始まってしまったり………。

 

 

 

そういえば、おもいっきり、真面目で学級委員を絵に描いたようなMCもいたよ。

とにかく、話方がゆっくりはっきり丁寧にしゃべる人で、MCをさせても、普通のMCをスローにして再生しているようなMCだった。

自分は、その頃、キャラクターショーのMCはテンポが重要だと考えていたけど、その自分の常識が覆されたMCだ。

 

まるで、学級委員が代表して、子供たちに親切丁寧にゆっくり聞きやすく、語りかけるようなMCだったけど、けっして、そのテンポが悪いイメージにならなかった。

 

 

過去を振り返ると、個性的なMCがたくさんいた。

今のMCのみなさんや、これからMCを志す人たちに言いたいことは、

“個性を創れ!”そして、“アピールしなさい。”

と、いうことだ。

 

頑張ってね!

 

この中に光る個性が見えるかも………。
zatmcblog

 

こちらをクリックすると、良いことがあるよ。きっと………。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、2点。

関連記事

那由多な独り言211

皆さんこんばんは。 秋の行楽シーズン真っ只中~ っということで、全国的にイベントが多く行われています。 先週は、注目の“ゆるキャラグランプリ2014”が開催され、 昨日のブログにもありましたが、会場の地盤が雨で緩んで、 […]

[» 続きを見る]

那由多な独り言437

先週のブログにも少し話題が出ていましたが、 先日、弊社が事務局をしている“一般社団法人日本イベント協会”が主催して、 「障害者差別解消法 対応セミナー」が開催されました。 皆さんは、“障害者差別解消法”は、ご存知でしょう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言398

新しく商品を販売します! 『ドアラの気まぐれカレンダー』 何で、この時期にカレンダー? って、思われる方も多いかと思いますが、 日めくり式で、年中使えます。 そして、毎日、ドアラの一言メッセージがついています。 販売価格[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言443

巷では、新年度が始まり、弊社にも新入社員が4名入社しました。 今年の新入社員は、男女2名ずつです。 新入社員が入ってくると、社内全体新しい風が吹き込み、 1年間新入社員と呼ばれてきた社員たちが、先輩になります。 1年でど[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言249

今日も暑い1日でしたね。 夏は暑いのが当たり前とはいえ、あまり外に出たくなくなる程の暑さですね。 しかし、明日は、久々に現場に行ってきます。 と、言っても、自分が入っている中小企業家同友会が行う “こどもお仕事体験”とい[…]

[» 続きを見る]