那由多な独り言242

ホンダジェットって、ご存知ですか?

自動車やバイクで有名なホンダが開発した小型ビジネスジェット機です。

先日、ついに、お披露目がありました!

 

~ホンダの標語

「The Power of Dreams」とは、

(夢の力)です。

改めて、夢の力を信じさせてもらいました。

 

「国産軽飛行機の設計を募集」

1962年、創業者の本田宗一郎氏は、

新聞にこんな広告を出しています。

この募集広告を見てきた一人が、

後にホンダの社長になる吉野浩行さんです。

壮大な夢に優秀な人財が集まったという訳です。

その募集から実に53年。

ホンダの小型ジェット機が日本の空を飛びました。

 

「夢」や「ビジョン」の無い会社や組織には、

優秀な人は集まらない!

 

人材不足は多くの会社でも抱えている問題かと思いますが、

その最大の原因が“夢”や“ビジョン”だということに、

気がついている経営者は少ないかもしれません。

しかし、“夢”を持っているからといって、大丈夫ということではありません。

実際“飛行機がつくれる”と思って入社した吉野さんですが、

ホンダが実際に航空機の研究開発に着手したのは86年ですので23年後です。

 

吉野さんは自動車エンジンの開発を担当させられ、

「オヤジさんにだまされた」と、

当時の気持ちを語っていました。

吉野さんの後を引き継いだのが84年に東大工学部航空学科を卒業後、

「当時の航空機産業には魅力が感じられず、クルマの技術者になろう」

と入社した藤野道格氏(ホンダ・エアクラフト・カンパニー社長)です。

 

97年、本田技術研究所のトップなった吉野氏と藤野さんが、

“あきらめないぞ”と、ホンダジェットのプロジェクトを推進。

昭和37年1月12日、朝日新聞の

『国産軽飛行機 設計を募集』

の広告を出してから実に53年を経て、

ホンダのジェット機が本当に空を飛びました。

これこそ、“夢の力”ですね!

 

人間は、未来を想像しないと、

どの道を選んで良いか分からなくなるし、

歩んだ人生を後付けの理由でこれが良かったのだと、

自分を言い聞かせるようになってしまうそうです。

夢には何か現状を突破する力があり、

必要なものを引き寄せる力がありますね!

 

“夢を持たない親の子は夢を持たない”そうです。

 

夢の力を信じ、その夢に向かって、夢中になって生きる人生を

おくることができれば、それは幸せな人生だと思います。

 

~貴方は、“夢”をお持ちですか?~

~会社に“夢”や“ビジョン”はありますか?~

 

また来週~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、4点、3点。

関連記事

那由多な独り言490

先週のブログから1週間が経過して……、 毎日、コロナのニュースばかりで、 かなり、身近なところから、感染者が出ていて、 拡大の勢いは止まりません。 だからといって、あまり悲観ばかりしても仕方ありませんね。 こういう時は、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言97 ~感謝~

こんばんは。 あれからもう一週間ですね。 今週は、会社にとって、大切な記念日があったんですけど………、           だれ一人社員は気づきませんでした。     来春の新卒の就活面接をしながら、会社の説明で 「会社[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言85

こんばんは! 今週は、ちょーブルーな気分の1週間でした。 基本的にちょーポジティブな自分も、なかなか回復できませんでした。 ま、わかる人しかわかりませんが………。 さて、先日の出来事で印象に残ったことがあります。 “AK[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言225

今日は、バレンタインデーですよね。 『バレンタインデー』自体は元々宗教的な意味のあるもののようですが、 現在の“女性が愛の表現としてチョコレートを贈る。”というバレンタインデーは、 全く、日本独特の文化で、世界的なもので[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言483

今日は、センター試験が行われました。 自分たちの時代は、“共通一次”という試験制度でした。 そして、このセンター試験は。来年から“大学入学共通テスト”に移行されます。 どう変わっていくのかは、別にして、 いつの時代も受験[…]

[» 続きを見る]