那由多な独り言454

すっかり梅雨の季節に入りましたね。

屋外のイベントにはつらい季節がやってきました。

できるだ雨は、週末を避けて降って欲しいものです。

最近の天気予報はよく当たるようになりましたが、

昔は、全く当てにならないことも多かったように思います。

1980年、降水確率を発表するようになって、かなり当たるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

どこまで本当かわかりませんが、テレビ番組で、韓国の天気予報は当たらないと言っていました。

最近の天気予報はコンピューターを使って、雲の動きや風の流れなどをデータ化し、

予測をしていますが、昔は、人の経験値で、予測をたてていたようです。

確かに、職人技は、時にコンピューターでは計り知れない“匠”の技を

みせることもありますが、正確さという点では、やはりコンピューターに

分があるように思います。

 

人の知的能力を判断するのに、知能指数(IQ)という数値があります。

昔はIQ(知能指数)が高い人が高い評価をもらっていました。

ものごとをテキパキ処理したり、学習するのが得意な人です。

でも、少し前は、EQ(心の知能指数)感じる力の高い人が注目されていて、

EQが高いと、感情をコントロールしたり、人間関係を円滑にしたりすることが得意になるようです。

最近では、注目すべきは、“AQ”と言われています。

AQとは、Adversity(逆境)Quotient(指数)です。

AQが高いと逆境に強くなる。

そのレベルは5段階あるようです。

 

AQ1:エスケープ

⇒逆境から逃げようとしてしまうこと。

AQ2:サバイブ

⇒逆境でも生き残ろうとすること。

AQ3:コープ

⇒逆境に対処しようとすること。

AQ4:マネッジ

⇒逆境に上手く対処しようとすること。

AQ5:ハーネス

⇒逆境を利用しようとすること。

 

最高指数AQ5の人は、逆境をバネにして更に強くなる人です。

 

松下幸之助氏は、言いました。

~~かつてない困難からは、

かつてない革新が生まれ、

かつてない革新からは、

かつてない飛躍が生まれるのです。

 

日本電産の永守会長は、言いました。

~~向こうから困難さんがやってくる。

誰でも困難からは逃げたい。

だから君も困難から逃げたいだろう。

しかし、困難さんから逃げてみろ。

困難さんは脇を通り過ぎていくが、

ほっとその背中を見たら後ろに『解決策』

というリュックを背負っているじゃないか。

逃げたら解決策も逃げていくんだぞ。

 

日本を代表する経営者たちは、みんな試練や逆境を乗り越えているAQ5の人ばかりです。

IQとEQは生まれつきの側面があるが、

AQは後天的なもので、

AQ5をもって生まれた人はいません。

AQ5は、生まれてから身につけることが出来るものです。

 

つまり………、

逆境に強い人がいるのではなく、

逆境が人を強くするということです。

 

 

小泉元総理が言っていました。

 

~~逆風も気にしなければただの風~~

 

 

今からでも遅くはありませんよ。

AQの数値を上げて下さい。

きっと、怖いものがなくなります。

関連記事

那由多な独り言452

最近、一番目についたニュースキーワードが、 老後の生活費2000万円也! 確かに、人生100年時代って、考えると、 例えば65歳で定年退職するとしたら、 定年退職後、35年間人生が続くってことで、 2000万あっても、1[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言533

信念、開けましておめでとうございます。 新しい年の初めに、信念もリニューアルしてみるのも よろしいのではないでしょうか。   昨年は、いろいろな意味で、弊社の業務の弱点が露呈された年でした。 自分も30年以上、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言342

いよいよGWに突入しました! 昨日、ブログはGW明けまでお休みと言っていたのに、 いきなりでごめんなさい。 土曜は、基本年中無休です。 知ってる人は、知ってるかもしれませんが、 ブログが、2010年10月に始まって以来、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言437

先週のブログにも少し話題が出ていましたが、 先日、弊社が事務局をしている“一般社団法人日本イベント協会”が主催して、 「障害者差別解消法 対応セミナー」が開催されました。 皆さんは、“障害者差別解消法”は、ご存知でしょう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言382

もう2月ですね。 2月は、イベント業界では閑散期と言われていますが、 何だか、自分はバタバタしてます。 まぁ、暇で時間をもてあますより、 忙しくて、時間に追われている方が、 人は、幸せなのかもしれませんよね。 . 水が自[…]

[» 続きを見る]