那由多な独り言386

今日は、3月3日です。

さて、何の日でしょう?

.

耳の日。

耳かきの日。

民放ラジオの日。

平和の日。

桃の日。(桃の天然水PRのため)

金魚の日。

ジグソーパズルの日。

サルサの日。

などなど……。

.

そして、最も馴染みのあるのは、雛祭り~桃の節句ですよね。

「桃の節句」とは、正しくは「上巳(じょうし、じょうみ」の節句」といいます。

3月の最初の巳(み)の日を指し、のちに3日に定まっていきました。

中国ではこの日に川で身を清める習慣がありました。

それが平安時代に日本に伝わり、草木、紙や藁で作った素朴な人形に自分の厄災を移し、

海や川に流してお祓いをする「流し雛」の習慣となりました。

貴族階級の子女の間で始まった「ひいな遊び」と言われる人形遊びと「流し雛」が合わさって、

「雛祭り」の原型となったと言われています。

.

これが江戸時代に庶民にも伝わり、女の子のお祝いの儀式として定着していったそうです。

「桃」の節句と呼ばれるようになったのは、旧暦の3月3日の頃に桃の花が咲くことや、

桃は魔除けの効果を持つとされてきたからだとか。

雛人形を飾り、災いがふりかからないように、

また、美しく成長して幸せな人生を送れるようにと、

女の子のすこやかな成長を願う行事へと変化してきました。

これが、桃の節句の起源といわれていますが、

ももの節句には、こんな逸話もあります。

.

~~~~~~~~~

むかしむかし、ある村に、おばあさんと美しい娘が二人でくらしていました。

ある年の田植えの季節に、おばあさんは町へ買いものにでかけました。

帰りに田んぼのあぜ道を歩いていると、ヘビがカエルを追いつめて、今にものみこもうとしています。

「これこれ、なにをする。ゆるしておやり。ほしいものがあれば、わしがやるから」

カエルをかわいそうに思っておばあさんがいうと、ヘビはおばあさんの顔を見あげながらいいました。

「それなら、娘をわしの嫁にくれるか?」

おばあさんは、ヘビの言うことなどとあまり気にもとめずに、

「よしよし。わかったから、カエルを逃がしてやるんだよ」

と、返事をしてしまったのです。

.

すると、その年の秋もふかまったころ、若い侍(さむらい)が毎晩、娘の部屋へやってきて、

夜がふけるまで娘と楽しそうに話していくようになったのです。

そんなある日の事、一人の易者(えきしゃ)が家の前を通りました。

おばあさんは易者を呼びとめると、娘にはないしょで、

毎晩のようにやってくる若い侍の事をうらなってもらいました。

すると易者は、こんなことをいいました。

「ほほう。その若い侍の正体はヘビじゃ。ほうっておくと、娘の命はなくなる。

娘を救いたいのなら、裏山の松の木にワシが卵をうんでおるから、

その卵を侍にとってもらって、娘に食べさせるんじゃな。」

おばあさんはビックリして、この話を娘にしました。

.

娘もおどろいて、その晩やってきた若い侍にいいました。

「実は最近、とても体がだるいのです。元気をつけるために、

裏山の松の木に巣をつくっているワシの卵をとってきて食べさせてくださいな」

「よしよし、そんなことはたやすいことよ」

次の日、若い侍は裏山へいって、ワシの巣がある高い木にのぼっていきましたが、

そのときいつのまにか、若い侍はヘビの姿になっていたのです。

そして木をよじのぼって、巣の中にある卵を口にくわえたとたん、親ワシがもどってきました。

親ワシはするどいくちばしで、大事な卵をくわえたヘビを何度もつつきました。

そしてヘビは頭を食いちぎられ、血だらけになって木から落ちていきました。

.

そのころ、あの易者がまたおばあさんの前に現われると、おばあさんに頭を下げていいました。

「実はわたしは、いつぞや田んぼのあぜ道で命をすくわれたカエルなのです。

娘さんの体には、まだヘビの毒が残っております。

これからは毎年、三月三日の節 句(せっく)にお酒の中に桃の花びらを浮かべてお飲みください。

そうすればヘビの毒ばかりではなく、からだにたまったどんな毒もみんな消えて、

きれいにな りますから。」

そういうと目の前の易者の姿はたちまち消えてしまい、一匹のカエルが庭先の草むらの中へ、

ピョンピョンと飛んでいったのです。

桃の節句で、お酒の中に桃の花びらを浮かべて飲むようになったのは、

このときからだという事です。

~~~~~~~~~~~~

こんなお話知ってました?

カエルとか、ヘビが出てくるお話が“桃の節句”のエピソードなんて、

ちょっと、雛祭りのかわいいイメージと、違いますよね。

でも、世の中、意外性のあることって、これ以外にも、意外と多いんですよね。

…………..。

では、また来週!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

関連記事

那由多な独り言183

『衣装は命!』 これは、自分たちチームの原点である言葉。   昨日のブログで紹介されていたように、 ZAT結成当時は、毎回、使用する衣装をしっかりメンテナンスして、 ショーに臨んでいました。 特に、面はピカピカに磨いて、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言212

こんばんは。 寒くなりましたね。 日本各地で冬の訪れを感じるニュースで賑わっています。 年々、秋や春が短くて、暑いと思っていたら、寒くなり、 厳しい寒さに震える日々から解放されると、 いつの間にか、じっとしていても汗ばむ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言74

さて           っと。 また、また、土曜日がやってきました。 なんと、1週間ぶりに、 土曜日がやってきました。 なんと、7日間たったら、 土曜日がやってきました。(くどいね。)   以前、土曜日の夜の楽しみに“[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言445

今日からいよいよGW、10連休の始まりです。 そして、“平成最後”の「那由多な独り言」です。 最近、“平成最後”という言葉をよく耳にしますが、 “平成最後”と言えば、やはり総集編ですよね。   実は………、ZA[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言515

毎年、8月29日になると、 “今日って何の日?” と、社員たちに聞いて回るのですが………、 今日は、社員たちから……、 “おめでとうございます!”と。   そう、本日、8月29日は、会社の設立記念日です。 有限[…]

[» 続きを見る]