那由多な独り言381

今日は、格別に寒いですね。

この寒波は、48年ぶりの寒波と言われていますが、

今週は、名古屋でもついに雪が積もりました。

結構、路地に入ると、路面が凍てついたままのところもあります。

皆様、路地裏を歩くときはくれぐれもご注意下さい。

.

今週のビッグニュースは、松坂世代の代表、松坂大輔のドラゴンズ入団ですね。

活躍を期待するより、話題性と動員力に期待しているような気はしますが、

かつて、中村紀洋が、育成から日本シリーズのMVPに輝いたり、

西本聖が、移籍した年に20勝し、最多勝を獲得したように、

期待以上に活躍した例も沢山あるので、頑張って欲しいものです。

数々のタイトルや記録を取ってきた怪物でも、再スタートとなる今年は、

あらたに目標設定が必要かもしれませんね。

.

目標設定といえば、興味深いエピソードがあります。

かつて、プロ野球の王選手が700号ホームランまであと1本というとき、

なかなかその1本が打てず3週間も足踏みをしていた時の話です。

.

王さんは合気道の藤平光一先生自らアドバイスを請うと

藤平先生は、

「もう一本で700本だという考えを棄てなさい。

人間は誰しもゴール寸前が一番疲れるのです。

ゴールに入ろうとすると、そのゴールが先へ逃げてしまう。

これではだれでも参ってしまう。

今日からはあと101本で800本だと考えなさい。」
.

これを機に王選手は改めてゴールの再設定を行いました。

ゴール再設定をした瞬間から、

とてつもないエネルギーを発するようになり、

世界のホームラン王868本という大偉業を成し遂げました。

.

ゴールにたどり着こう!

到達しようというイメージは、

ゴール寸前で非常に怖いメンタルブロックをつくってしまいます。

人間の脳は目標を設定してそのゴールが見えると、

安心してしまって身体的な力が抜けるのだそうです。

.

例えば、水泳の平井コーチは、北島康介選手の泳ぎを見て

ゴールの10メートル前から失速してしまうのを見抜きます。

そこで、平井コーチは北島にゴールの仕方にある工夫をさせました。

「ゴールの壁をゴールと思うのではなく、

ゴールの壁にタッチして電光掲示板を見るところがゴールである。」

というものでした。

それから反復トレーニングを積み重ねた結果、

1ヵ月後に北島選手は世界記録を塗り替えました。

.

また、こんな指導もしました。

当時ライバルだったアメリカのブレンダン・ジョセフ・ハンセンについて

「ハンセンをライバルだと思っちゃいけない。

自分を高めるためのツールだと思いなさい。」

ライバルに勝とうと意識せず、

自分を高める道具と思うことで結果的に相手に勝つ!

たいへん興味深い話です。

目標達成のコツは、

ゴールを突き抜けた先のイメージを鮮明に持つことです。

.

目標数字を意識して、プレッシャーを感じてしまうことは、

誰にでも起きる事ですが、考え方を少し先に置き換えることで、

プレッシャーを失くしてしまうことは、

目標達成において、非常に有効な手段です。

もし、あなたがプレッシャーに弱い方なら、

一度試してみて下さい。

.

あなたが今年の目標を突き抜けます様に !

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

関連記事

那由多な独り言474

今週は、ニュースが盛りだくさんの1週間でした。 芸能界は、またもや薬物汚染で、大物女優が逮捕され…………、 政界は、花見のお客様が誰が来るかで、問題になり…………、 経済は、ZOZOに続いて、LINEもソフトバンクの傘下[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言231

春ですね。~~ 桜が咲く始めると春の訪れが実感できますね。 自宅の近くに桜の木が並んだ水道道がありますが、 毎年、満開になると道イッパイに桜の花びらで埋め尽くされます。 花見のシーズンもこの一週間ぐらいが最適ですよね。 […]

[» 続きを見る]

那由多な独り言170

こんばんは。 昨年から、食の安全を脅かすニュースが相次いでいますが、 とうとう“毒入り冷凍食品事件”の犯人が逮捕されたようです。 犯人は、同社の契約社員で、工場内で働く人の犯行だったようです。 以前、中国で同様の“毒入り[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言292

GWが終わって、いつの間にか一週間が過ぎてしまいました。 ブログを見ていると、GWの疲れが出ているようですが……、 自分は、頭が疲れています。 因みに、一昨日思いっきり足を挫いて、スッコロンでしまいました。 久々に、大の[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言354

世間では、夏休みに突入したようですね。 これからの約90日間が我々の仕事の勝負どころですね。 最近は、壊れたような雨が降るか、眩しくて見てられない怒り気味の太陽の暑さを浴びるか、 さらに、怒りの雷や、痛いくらいの雹などな[…]

[» 続きを見る]