那由多な独り言391

新年度が始まって、1週間が経ちました。

弊社にも新入社員が入社し、今週は、入社式や新入社員研修など、

恒例となっている新入社員行事に行ってきました。

弊社だけの話ではなく、愛知中小企業家同友会という組織全体で、

200名程参加した今年の新入社員たちは、例年以上に優秀な感触を受けました。

これは、自分だけが思ったことではなく、参加した経営者全員が受けた印象で、

同友会全体で、採用のレベルが上がったという事だろうと仮定してました。

.

研修では、経営者たちと、“夢”をテーマに討論したり、

“働くとは”どういうことかを、討論したり、

ビジネスマナーについて学んだりしたのですが、

なぜ、働くのかを考える事は、とても意味の深いテーマですよね。

「新経営の神様」の呼び名が高い稲盛和夫さんも、

社員さんを前に「働くことの大切さ」について、

いつも誠心誠意説かれていたと言います。

.

創業当時、東京オリンピック開催で湧いている日本にありながら、

それには、全く関心ないくらい仕事に燃え、懸命に働いていたそうです。

その頃、稲盛氏は、「まず工場を構えた地元の西ノ京原町一になろう。

次は中京区一、その次は京都一、そして日本一、さらには世界一だ。

我われは世界一の企業になろうではないか。」と壮大な夢を語って、

それこそ「狂」がつくほど凄まじい勢いで働いていました。

毎日夜10時、11時まで仕事をしていたのですが、

ラーメンの屋台のチャルメラが聞こえてくると、

皆で食べに行って、そこからまたもうひと頑張りする。

工場に何日も泊まり込んで仕事をしていたそうです。

まさに寝ても覚めても、仕事に没頭していたということです。

.

彼が説く働くということは、

生きていく糧を得るためのものだというのが一般的ですけど、

そうではなくて、自分の人間性を高めていくためになくてはならないものだといっています。

一所懸命働くことによって、自分自身の心を高め、

自分の人生を精神的に豊かなものにしていく。

同時に、収入も得られますから、物質的な生活も豊かになっていく。

ですから、働くということは大変大事なことだといっています。

人は得てして、恵まれた環境にあっても、

与えられた仕事をつまらないと感じ、不平不満を口にしがちです。

近年、若者の離職率が増加しているのもそういう理由なのでしょう。

しかし、それで運命が好転するはずはありません。

与えられた仕事を天職と思い、その仕事を好きになるよう努力していくうちに

不平不満は消え、仕事も順調に進むようになっていく。

そして、物心共に豊かな素晴らしい人生を送ることができるのだと、説いています。

.

今回の研修の中でも、初めは、単純に生きる為にはお金が必要だから働くという意見の新入社員たちも

討論を深めていくうちに、

自己の成長のために働く………とか、

社会に貢献するために働く………とか、

単純に“お金儲け”の手段ではなく、もっと、違う意味を持つことを、

理解し合っていました。

働くことの意義を見出し、仕事自体を楽しんでできれば、

とても有意義に人生をおくることができるはずですよね。

社会人として、いいスタートをきれたと、微笑ましく思えた1週間でした。

では。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

関連記事

那由多な独り言98

今週も土曜日がやってきました。 まだまだ暑い日が続きますが、真夏のことを思えば、かなり過ごしやすくなってきましたよね。 秋はもうすぐそこまで来ています。 みんなでやさしくお出迎えしましょう。     さて、9月というのは[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言25

本日は、急遽夕方から現場に入ることになってしまったので、早い時間からブログしてます。 こんなに明るい時間に書いてると不思議な感覚です。 最近陽気もポカポカしてきて、桜の花びらも舞い、花粉も舞っていますよね。 そういえば、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言567

9.11と言えば、ニューヨークの世界貿易センターを舞台とした、 同時多発テロ事件です。それから、20年が経過しました。 高層ビルに、ハイジャックした旅客機が突っ込む………、 まるで映画のシーンのような光景に、世界が凍りつ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言343

皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか? いつの間にか、一週間が過ぎて、 GWも最終コーナーに差し掛かりました。 今日は、週間天気予報では、朝から雨と言われていましたが、 少し降っただけで終わったようですよね。 今年は、天[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言417

その時、4万人の観衆には、確かに不思議な一体感がありました。 前人未到の1000試合登板という鉄人的な記録を打ち立てたドラゴンズの岩瀬投手と、 打者として、名球会入りする記録、2000本安打という一流の証明とも言える記録[…]

[» 続きを見る]