那由多な独り言36

ヤバイ…。
日付けが変わってしまった。

早くも今年に入って、半年が過ぎ、折り返しの7月に入ってしまった。
この仕事にとって、厳しい夏がまたやってくる。
暑い夏の思い出は山ほどあるが、その一つを紹介しよう。

一昔前に、絶大な人気を誇った「キン〇マン」ショーで、骨のキャラクター「キン〇マン(主役じゃないよ)」という役があった。

一見、薄いタイツ1枚だから涼しい気がするが、これが、全身黒に包まれているので、以外と暑い。
炎天下の中にいると、黒が熱を吸収する色だというのがよくわかる。

一度、炎天下のアスファルト上でショーを開催した時に、やられて倒れるシーンがあり、暫く倒れていないといけない状況で、倒れた瞬間『あじい!』と叫んで飛び上がりたくなるほど暑く、でも、やられて倒れたので、今更飛び上がることもできず、そのまま加熱するアスファルトの上で、じりじり焼かれ、おまけに表面からは容赦なく太陽が照り付けている状況で、まるで、焼き魚がグリルで焼かれるような気分を味わったことがある。黒のタイツというのは、部厚い衣装に比べ涼しく見えるが、意外と暑いのであった。

 

変わった会場の思い出としては、真夏のプールというショーもあった。プールの水上に特設ステージを作り、そこでのショーは、一見涼しそうで、実は暑かった記憶がある。ただ、お決まりで兵士はプールにやられて落とされるので、その役は一瞬暑さから解放される。
変わった会場といえば、暑い夏の思い出ではないが、アイススケートリンクの氷の上の特設会場というのもあった。
面白いのは、氷の上にパンチカーペットをひいたステージなので、その上では自由に動けるが、誤って一歩氷の上に足を踏み出すと、“ツルッ”と滑って転んでしまうのだ。兵士もヒーローも悪ボスもみんな“コテン”と転んでしまうから、見てる子供たちは大爆笑で大喜びだった。

 

いろいろな会場の思い出や、暑さの思い出もたくさんあるので、話だすとキリがないので、今日はこの辺でお開きということで……。

 

皆さんも我々と一緒に楽しい思い出を綴ってみませんか?
弊社は、いつでも“ウエルカム”ですよ。

関連記事

那由多な独り言455

7月に入りました。 皆さんは、“中小企業の日”があるのはご存知でしょうか? 毎年7月20日が、中小企業の日で、7月の1ヵ月間を「中小企業魅力発信月間」とすることを、 中小企業庁が発表しました。 これは、1963年に中小企[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言212

こんばんは。 寒くなりましたね。 日本各地で冬の訪れを感じるニュースで賑わっています。 年々、秋や春が短くて、暑いと思っていたら、寒くなり、 厳しい寒さに震える日々から解放されると、 いつの間にか、じっとしていても汗ばむ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言492

まだまだ、コロナの猛威が収まりません。 このままでは、オリンピックも飲み込んでしまいそうな勢いです。 今や、健康被害よりも、経済的被害の方が問題になりつつあります。 とりわけ旅行業や観光業、それを取り巻くサービス業、そし[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言447

史上初の10連休というGWも終わり、この1週間は、あっという間に過ぎてしまいました。 その1週間の中で、衝撃的なニュースをみました。   今、韓国では、大不況に見舞われているそうです。 その大きな要因が、労働者[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言444

ついに、このブログも444回を迎えました。 4をラッキーナンバーにしている自分にとって、 パチンコ好きの777みたいなものです。(わかるかなぁ?) 444という数字で一番思い浮かぶのは、 ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄[…]

[» 続きを見る]