那由多な独り言160

どうも~

1週間振りですね。

最近、40過ぎて、リングに上がる“おやじ”たちが増えているらしい……。

シニアのキックボクシング大会なるものがあり、

40過ぎて初めて格闘技をやりだした素人が2分、2ラウンドを戦う。

テレビを見ながら、ちょっと、羨ましく思った……。

自分は、昔からプロレス大好き少年で、

学生時代は剣道に明け暮れていた。

「やるか!やられるか!」

「喰うか!喰われるか!」

そんな、駆け引きが好きなのだ。

たぶん、女性には理解できない“男のロマン”がそこにはあるのだ。

 

とはいえ、最近、男と女のバランスが崩れているようですね。

過去20年の就業率の変化を見ると、女性の就業率が

1990年から2010年にかけて全体的に上昇しています。

一方、男性の就業率は、大幅に低下しています。

25~29歳で、94%から78%まで落ち込み、

これは、6人のうち一人が働くなったことを意味します。

40代、50代でも、10%前後低下しています。

このように“失われた20年”は、男性の就業環境を大きく変化させたことが分かります。

彼らの大半は自発的に就業を諦めたのではなく、就業機会かえあれば働きたかったはずです。

“失われた20年”は、日本経済から多くのものを奪いましたが、

男性就業率の低下は、非常に大きな経済的損失を生み出しています。

1990年が完全雇用だったと想定し、当時の就業率を基準に逆算してみると、

足元の男性就業者は、374万人も少ない計算になります。

この分、日本の経済活動水準が低下しているのです。

逆に考えれば、90年代の就業率に回復するだけで、

経済活動水準を引き上げることが可能です。

供給面では労働力の拡大を通じて、需要面では個人消費の増加を通じて、

直接、国内総生産(GDP)を押し上げるわけです。

その額を試算すると、男性就業者の減少によって失われた所得額が19兆円ほどにもなります。

これは、GDPの4%近くに相当します。

要するに、男性の就業率を引き上げるだけで、

GDPを4%も押し上げることができるのです。

効果の大きさから考えても非常に有望な成長戦略といえます。

 

この男性就業率の低下は、少子化や人口減少の一因になっているので、

長期的な成長力という観点からも、大きな意味を持っています。

日本の少子化の主因は結婚件数の減少にありますが、

過去20年間の就業率低下によって、結婚件数が累計120万件“失われた”

という結果が得られます。

この数字は、2012年の結婚件数は、67万件だったので、

約2年分の結婚件数が失われた計算になります。

結婚した夫婦が平均2人の子供を産むと考えると、

子どもの数は、240万人が失われたことになり、

少子高齢化を加速させたということです。

 

また、女性の就業率が上昇していると言っても、

日本の企業における執行役員や取締役会に占める女性の比率は、

45か国中44位でほぼ最低で、

世界経済フォーラムが発表した、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数は、

日本が135か国中101位でした。(2012年)

 

給料水準でみると、

1~9人の事業規模では、男性の平均給与は395万、女性は236万で、

5000人以上の事業規模では、男性664万、女性263万です。

事業規模が大きくなると、男性の平均給与は1.5倍になっていますが、

女性の平均給与は、それほど増えていません。

 

女性の就業率の上昇は見られても、日本社会の中では、

まだまだ“男尊女卑”の体質は残っているということですね。

 

今週のブログに禁煙宣言がありましたが、

喫煙率という点でも、時代とともにバランスの変化があり、

20代の男性の喫煙率は、昭和40年代は約80%でしたが、

現在では、30%を切っています。

しかし、女性の喫煙率は、昭和40年で、平均15%、20代6%だったのが、

現在では、平均10%、20代11%と、若い女性の喫煙率が増えているのと、

女性全体でも喫煙率は、ほぼ横ばい傾向です。

男性は逆に、喫煙者と禁煙者の割合自体が逆転傾向にあります。

因みに、タバコに含まれる成分はご存じでしょうか?

ニコチン、タール、一酸化炭素の3大毒素に加え、

ダイオキシン、ヒ素、鉛、ホルムアルデヒド、アンモニアなどの有害物質があります。

また、最近よく耳にするPM2.5もタバコの煙に多く含まれていることがわかっています。

これらの毒を喫煙者は自分の身体に入れているのですが、

自分には、どうして自ら毒を身体に入れているのか理解できません。

喫煙者の皆様には、1日でも早い禁煙をお勧めします。

 

さて、少し話が横道に逸れましたが、

長い時間をかけて、男女のバランスが崩れています。

昔がベストとは言いませんが、

現在の大きな社会問題ともいえる少子高齢化を考えると、

少し、男女のバランスを修正した方が、

日本が良くなっていくと考えます。

 

いろんな意味で…………。

 

では、また………。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、3点。

関連記事

那由多な独り言426

今年も残すところ2週間となりました。 今年のうちにやらなければならないことがいっぱいで、 時間が足りません。 限られた時間の中で、効率的に片づけていきましょう。 自分の机の周りを含めて………。   「整理整頓」[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言407

台風が東海地方に上陸したようです。 今まで、日本の台風といえば、“北上”していくことが 当たり前でした。 ところが今回は、“南下”して行くんですよ。 まさに、逆走している今回の台風は、 その名を、『JONGDARI(ジョ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言488

今日は、2020年、令和2年、2月22日…………、 2がいっぱいの日なんですが、 2という数字は、あまり世間では思い入れがないのか……、 あまり騒がれている印象がないのが、少し残念ですね。 まぁ、今は、数字のことよりも、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言277

明日は、年に一度のバレンタインデーですね。 しかし、日曜日で学生たちは、ガッカリしてるのでは……、 TV番組で、チョコを渡すのに、 “わざわざ呼び出さないと渡せないし、他に好きな女性がいる場合、呼び出しに応じない男性もい[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言91

どーも。 またまた一週間振りに土曜日がやってきました。   今日は、雨模様で少し過ごしやすい気候でしたが、7月も終盤に入り、いよいよ夏休みモードになってきました。 最近は、クールビズが一般的になってきたおかげで、バッチリ[…]

[» 続きを見る]