月曜ショッピング

もじゃもじゃです。

最近気温が低いですね。

気温の低さ故に空気と皮膚が接すると、熱が奪われ、体温の低下によって身体活動に支障をきたしてしまい、体が不快感を覚えるため、

衣服を何枚も重ねて厚着をし外気との接点を減らしたり、空調機械によって密閉された室内空間の気温を人工的に一時的に引き上げ生活しております。

つまり、寒いです。

で、全然関係ないんですが、最近弊社の音響機材のメンテナンスをすすめております。

その兼ね合いで購入した新機材がすげーイイんですよ!

ででん!

さんぷらー

デジタルサンプラー

その名も!「SP404SX」!!

SX!!

エスエックスってなんか強そうでイイですよね。

サンプラーというのは音をサンプリングしてパッドに割り当て記憶し、パッドを押すことにより即時にサンプルされた音源を再生することができる上に、

様々なエフェクトをかけて原音とは違った音色を再生したり、ゲートやトリガーと言われる手法を用いてによって時間軸を変更して再生をすることも可能な機械なんです。

つまり効果音をすぐ出せるのよ。

じつはZATでは1997年ごろに販売された「MS-1」というサンプラーを長く使ってまいりました。

現在でも大半の現場で活躍する長寿の名器です。

業界の偉人達は今でも「最高の名器だ!」と言う方も少なくありません。

そうなんですよね。

弊社のように使用用途のメインがキャラクターショー、特にアクションショーでの使用の場合、効果音を演者の動きにあわせてリアルタイムに演奏することが目的なんです。

しかしいままで様々なサンプラーが販売されてきましたが、DJの喜ぶ昨日はたくさんあっても、

演劇用途として手軽で、効率のよいサンプリング、編集、再生、持ち運びできる機種がなかなかなかったわけです。

その中でMS-1は特に、パッドの再生方法にドラム機能というものがついておりまして、

同一パッドを連続して再生する場合、先に再生した音を中断することなく、その上から再生することができたんです。

これがパンチやキック、空振りする音などが幾重にも重なる表現を可能にしていたのですが、同等の機能を有するサンプラーがあっても、非常に高価であって、

電池駆動できない等の利用上の問題もあり機種変更に至らなかったのです。

しかし!今回の「SP4040SX」はドラム機能は無いものの、SDカードを用いてPCでファイルを読み込むことによってサンプリングする機能がつきました。

これによって事前にPC上で音源のレベル調整やスタートポイントに全く白がなくカットインさせる状態にしておけば、その状態で寸分なくサンプラーに録音可能なんです。

それで、たとえドラム機能がなくても、同一パッドを連続して再生した際に音が途切れたようには聞こえないんですね。

パッドに録音した状態からでも編集することは当然できますが、スタートポイントをマークするのが非常にアナログでコンマ数秒の調整はできませんでした(MS-1は可能)

また複数の台数を同時に展開させる上でも非常にとりまわしやすく、パッドの音の入れ替えもスムーズに使うことができます。

何より、録音時間が「MS-1」とは比べものにならないほど長く、パッドの数も12パッドでMSー1より多く、バンク数も10バンクもあり、効果音のバリエーションは非常に広げることができます。

まあ、つまり便利ってことですね。

関連記事

ゆるキャラ…もとい、ご当地キャラはお任せあれ!?

どおも、なぞのメガネです。 一昨日の「どですか」見ました? 我社の1Fが撮影現場に使われました。社名は出してないけど、わかる人にはわかっちゃうね~。   やななが引退っつーことで、特集組まれてまして、その中でZATが使わ[…]

[» 続きを見る]

組長雑記~海賊雑記~

今年はあちこち海賊流行ってますね。 何を今さら・・・って話なんですが、組長が毎年お世話になっているお祭りがあります。   小牧市民まつりというお祭りです。   あるお題がプレゼンで与えられました。 組長が「今年は海賊です[…]

[» 続きを見る]

夏休みの宿題は遊ぶことだと思います

こんばんは あかトマトです。 そろそろ夏休みですね。 宿題は終わりましたか? トマトはですね… 成長するに従って宿題が終わるのが遅くなっていったタイプです。 中学1年生のときは 夏休み前に問題集がほぼ終わり、 友達に貸し[…]

[» 続きを見る]

蒸し蒸し熱成型~

ども、なぞめがです。 まだ、真夏の熱成型よりかはマシですが・・ でも暑い~ これに!         これを!         こうして! […]

[» 続きを見る]

ドモヽ(´Д` ) なぞのめがねです~

先週末、久しぶりにキャラショーのPAやってきました。 リハを少ししか見れず、当日を迎えたので少し心配でしたが、細かいミスはあれどなんとかこなしてきましたよ。   自分が入る時って必ずメンバーに懐かしい顔がいるんですよね。[…]

[» 続きを見る]