那由多な独り言230

今年に入って車関係でいいことがないです。

正月明けにバックしてくる車にぶつけられ、未だに解決してません。

こちらは停車していたので、どう考えても(100:0)の事故なのに、

なぜか2か月以上過ぎても、解決していなくて、困っています。

昨日、ようやく修理が終わり、車が返ってきたので、

終結に向けて頑張ります。

 

さて、先日自分が入っている中小企業の経営者が集まる会で、

面白い話を聞いてきました。

その経営者は、

『仕事は楽しんでする。』

『仕事をしたら、遊びも十分楽しむ。』

『何かピンチがあっても、どうにかなると自分を信じれば、必ず道は開ける。』

『経営指針は、自分が少しでもブレれば実現が遠ざかるが、

自分がブレずに必ずその計画通りに運ぶと全く疑わずに信じていたら、

必ずその通りになる!』

『自分が信念を曲げずに貫いていたら、必ず自分に風が吹く。』

そう考えているそうです。

自分も同様な考えが多く、納得できる話でした。

 

特に、弊社の仕事は、人を楽しませる仕事なので、

“人を楽しませるには、まず自分が楽しまなければいけない”

と、現場でスタッフによく話をしたこともあり、

イベントの運営には欠かせない考え方だと思っています。

 

“遊びも楽しむ”というのは、

その人は、ゴルフが好きな方で、1年の目標は“72”だそうです。

“72”というと、“パープレイ”が目標?と考えそうですが、

そうではなく、1年で72回ゴルフを楽しむことです。

ようするに、5日に1回はゴルフをプレーするということです。

“よく学びよく遊び”を実践しているわけです。

これは、自分には無いことなので、

もう少しマネをした方がいいのかな?と、思います。

 

“自分を信じていれば道が開ける”というのは、

実際に何度も経験があります。

特に印象深いのは、

チームを創ってから、東映代理店になった時に、

キッカケになる事件が起きたことや、

チームから会社として独立する時に、

そういうタイミングが自然にやってきたことなど、

そうしたいと考えているとそうなっていったように

振り返ると不思議な風が吹きました。

 

また、その方が仕事をしていく中で大切にしていることは、

『価値観の共有』

ということで、社員とも同じ価値観で仕事をし、

取引先とも同じ価値観で仕事をしているそうです。

過去に、大きな取引きをしているクライアントでも、

やたらと値引き交渉を強引にしてくる顧客だったので、

“このクライアントは、価値観が違う。”

ということで、取引きをやめたことがあったそうです。

初めは、売上に大きく響いても、

長い目で見たら、プラスになったということです。

 

“信念(ポリシー)を貫く!”

 

仕事をしていくうえで、非常に大切なことですよね。

では、今日はこの辺で。

また、来週。

繝悶Ο繧ー繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー繝サ縺ォ縺サ繧薙ヶ繝ュ繧ー譚代∈
にほんブログ村

zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、4点、4点。

関連記事

那由多な独り言49

今、久振りにテレビで“トシちゃん”こと田原俊彦を見た。 相変わらずで、とても、微笑ましかった。 メドレーで踊りながら熱唱していたが、これって、ファンじゃなかったら、チャンネル替えるんじゃないのかな。って、思うぐらい4~5[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言284

いや~春ですねぇ~。 桜の花も満開のようです。 花見をされる方々は、今がチャンスです。 のんびりしてると終わっちゃいます。 春と言えば、始まりの季節ですよね。 学生たちは、新学期が始まり………、 社会人たちは、新入社員た[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言150

ど~も。 週末ヒロイン、土曜ブログは、毎度お馴染み『那由多な独り言』でした。 ブログ担当メンバーがいろいろと変わりましたが、 土曜は相変わらずな感じでいきますので、 これからもよろしくお願いします。   さて、いよいよオ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言394

GWに突入しました。 これから9日間は、弊社にとって正念場となります。 現場続きで、バタバタとなる毎日が続きますが、 子どもたちの笑顔のために、社員、スタッフ一同、 きっと頑張ってくれます。 疲れたときに、ほっこりする写[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言491

今日は、ホワイトデーですね。 ホワイトデーは、バレンタインデーに比べ、歴史的な背景は薄く、 日本の菓子メーカーの販売戦略そのものなので、 一部のアジアで取り入れられているところもありますが、 ほぼ日本独自の習慣と言えます[…]

[» 続きを見る]