那由多な独り言335

最近、あまり空腹感を感じなくなりました。

一時的に、「あっ!腹減ったかな!?」って、思うことはあっても、それは一瞬で、

次の瞬間には、その空腹感はなくなっていて………。

だけど、お昼になれば、一応昼食を食べて、

夜は、何か食べなくては………、

という思いだけで食べてしまう。

ホントに『お腹空いたなぁ!』って、思うまで、いっそのこと食べるのやめようか……。

でも、これって、裕福になってしまって、飢えていないからなのだろうか………。

それとも、歳をとったせいだろうか………。

それとも………、ビョーキ?

でも、考え方を変えれば、

お腹が空くから食べるのではなく、

食べる事を楽しむために食べる…と、考えれば、いいのかも。

“食べる”という行為そのものは、人間の本能が求めるものでも、

本来と違う目的で、全く違う行為のようで結果が同じことならそれでもいいのではないでしょうか。

 

例えば、お金儲けをするとしても、

どうやったら、お金が儲かるかばかりを考えていても……、

逆にお金を逃げていくもの………。

もし、上手くお金儲けができたとしても、

それは、一時的なもので、長続きするものではない。

食材の卸小売りで有名なヨシケイ浜松の創業者渡辺虎雄氏が、

以前、次のようにおっしゃっていました。

 

~~~~~~~

「お金は儲けようと思っても儲からない」

これは私がいつも言っている口グセです。

お金を儲けようと思う前に、いかにお客様に喜んでもらえるか、

ということを考えて商売をすれば、必ず商売は成功します。

 

私は大正15年、農家の男6人兄弟の三男坊として生まれました。

戦後復員してからはしばらく実家の農業を手伝っていました。

しかし、農業は私の性に合わず、長兄が戦地から無事に帰ってくると、

私は21歳の時に東京で一旗揚げようと大志を抱いて上京。

昭和21年11月のことでした。

東京の新橋辺りは一面焼け野原で、屋根らしきものはほとんどありませんでした。

新橋のガード下で靴磨きをしている少年に、

「食べて寝ることができれば、無給でいいから働けるとろはないか」と聞くと、

「いつも自動車に乗ってここに靴を磨きに来る人がいるから、その人に頼んでみるといいよ。」

と、教えてくれました。

まもなくしてアメリカ車のシボレーに乗って、軍服姿の人が現れました。

その人は都内で二番目に大きな旅館「悟空林」の経営者で、

私は「三食付きで給料なし」という条件で下足番として雇ってもらうことになったのです。

ある日、旅館に来るお客の革靴が、どれもひどく汚れているのに気がつきました。

当時の道はほとんど舗装されておらず、ちょっと歩いただけで靴は土ぼこりで真っ白でした。

それでも戦後の物資不足で靴墨もなかなか手に入らず、みんな汚れたままで靴を履いていたのです。

私は、なんとかお客の革靴をきれいにできないかと考えました。

旅館の年寄りに相談すると、

「風呂場の煙突の煤(すす)を集め、それに調理場で使い古した油を混ぜると靴墨ができるよ。」

と、教えてくれ、その即席の靴墨でお客の靴をきれいに磨きあげました。

きれいになった靴を見たお客は最初、「これは自分の靴ではない」と一様に怒るのですが、

私が磨いたということを知ると、みんな喜んでチップをはずんでくれました。

なかには百円もチップをはずんでくれる人もいて、

当時の支配人の月給が千8百円であるのにたいして、

私はチップだけで4千円から5千円も稼いでいました。

お客を喜ばせたいという一心で靴磨きを始めただけで、

お金を儲けようとは思っていなかったのに、

いつのまにか莫大(ばくだい)なお金を手に入れていました。

ここに私の商売の原点があるように思うのです。

~~~~~~

 

稼ぐ基準がお金(儲け)なのか、喜びと満足なのか?

前者は、最後は失敗。

後者は、自然に儲かる。

面白いですね!

商売人であれば、当然お金儲けしたいという気持ちは、

ものすごくあると思います。

だからこそ、どこに意識をむけるか?が

大事とおっしゃっているのだと感じます。

徹底して自分のことばかり考えた人は、

徹底して人のことが考えられるようになるそうです。

弊社の業務でいえば、売上や利益の事ばかり考え過ぎず、

イベントに参加するお客様が、どうしたら喜んでいただけるかを、

ちゃんと考えて企画をすれば、必ず自然と儲かっていくという訳ですね。

 

これが、商売の真理ということです。

奥が深いですね。頑張りましょう。

では、また来週。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

関連記事

那由多な独り言92

どーも。 またまた1週間が経ったら土曜がやってきました。 昨日は、金曜なのに土用の日。   皆さん、ウナギ食べました? なぜ、土用の丑の日にウナギを食べるようになったのでしょうか。   それは、平賀源内(江戸時代の蘭学者[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言408

毎日、暑い日が続きますね。 先日、ついに名古屋が気温全国1位になりました。(パチパチ) 名古屋での観測史上も1位の40.3℃を記録。 でも、この異常気象は、日本だけでなく、世界的に広がっていることのようです。 アメリカで[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言174

ふ~。 怒涛のような1週間が終わりました。 何がって? まぁ、とても忙しかったってことなのです。 忙しいことは良いことですね。 我々の仕事は、ヒマを感じたら、終わってしまう気がします。 そう考えると、忙しいことに感謝した[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言80

今日は、何の日でしょうか? こどもの日。   立夏。   わかめの日。   GWの終盤。   いろいろとありますが、我々(子供向けの)イベント屋さんにとって、(語弊があるかなぁ~我社にとって)1年で一番忙しい日であったは[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言234

昨日は、プライバシーマークの更新のための現地審査でした。 2年1回、その日は訪れます。 今回で4回目の審査で、最初にPマークを取得して すでに8年目ということです。 個人情報保護法は、2003年5月に成立し、2005年4[…]

[» 続きを見る]