那由多な独り言404

今日は、七夕です。

しかし、あいにくの雨、しかも大雨。

これでは、織姫と彦星は、逢えずじまいで、

今年は諦めるしかなさそうですね。

ところで皆さんは、この七夕の織姫&彦星の伝説って、ご存知ですか?

七夕の話は、もともと中国から伝わったものとされています。

中国では、この織姫星(こと座のベガ)は、織姫(しゅくじょ)、

彦星(鷲座のアルタイル)は、牽牛(けんぎゅう)と、呼んでいます。

七夕である7月7日は、ベガとアルタイルが1年で最も光を増す夜とされています。

 

そして、そのストーリーは、

織姫は、元々はた織りをする美しい娘で、とにかく働き者で、人々のために

身なりも構わずはた織りをしていて、

天の神様は、そんな織姫を自慢にも、不憫にも思っていました。

そこで、天の神様は、ご褒美に婿をとらせることにしました。

その白羽の矢がたったのが、牛の世話に励む彦星でした。

勤勉な彦星であれば、織姫の事を幸せにしてくれるだろう。

そう思った天の神様は、彦星を織姫の結婚相手に決めました。

 

天の神様のはからいで夫婦となった織姫と彦星は、仲睦まじく暮らしていました。

しかし、働き者であったはずの2人は、毎日遊んで暮らすようになっていました。

天の神様が、何度働くように言っても、返事だけでいっこうに働くようにはなりませんでした。

 

そんな2人に怒った天の神様は、織姫と彦星を天の川で隔てて引き離してしまいました。

これで2人はまた働くようになると考えた天の神様の考えは外れてしまい、

会えない悲しみで一向に働こうともしなかったのです。

 

見兼ねた点の神様は、再び真面目に働くのであれば、1年に一度、7月7日だけは会うことを許そうという約束をしました。

その約束によって織姫と彦星は再び勤勉に働くようになりました。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

と、いう物語のようですが、よくよく考えると、

あまりロマンティックな話ではないですよね。

元々働き者が、初めて恋をしたら、すっかり快楽におぼれてしまい、

神様の怒りをかってしまうという………、

ちょっと、間抜けなラブストーリーという感じです。

 

でも、七夕の日って、なんとなく雨が多いような気がしますけど……。

1年に1度も逢えなくて、ちゃんと働けるんでしょうか………。

エサがなくても、ちゃんと働かなくてはいけないですよね。

と………、思います。

では。

関連記事

那由多な独り言163

こんばんは。 今年も終わりが少しづつ近づいてまいりました。 そろそろ、今年の振返りをする時期ですよね。 皆さん、今年はどんな年でしたか? やり残した事はありませんか? まだ、やり残したことがある方は、お急ぎ下さいな。  […]

[» 続きを見る]

那由多な独り言351

今日から7月ですね。 ということは、すでに今年は、半分終わってしまったという事です。 早いですよね。いつも思いますが、時間が経つのは早いです。 だから、1日一日を大切にしないといけないですよね。 そのために必要なもの……[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言320

本日は、ドラゴンズの“ファンフェスタ”がありました。 「何それ?」 っていう人のために簡単に説明すると………、 シーズンが終了して、秋のキャンプ(合同練習)の終了とともに、 年に一度の“ファンのために選手皆でおもてなしを[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言541

ここ数日の内に、また、ネットの世界から注目の才能が現れましたね。 この数週間で、様々なTV番組で取り上げてるので、自分もYouTube見てみました。 “Ado” まだ、女子高生ということですが………、 歌唱力は抜群………[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言552

久々に体調を崩しました。 でも、安心してください、 コロナではありませんでした。 今、弊社では、基本的に微熱があれば、 すぐにPCR検査を受けることにしています。   PCR検査が陰性になれば一安心ですが……、[…]

[» 続きを見る]