那由多な独り言542

先日、会社の傍のコンビニの周りに桜が咲いているのを見つけました。

もう開花宣言したっけ?と思いながら、桜に見とれていると、

周りの人もその写真を撮っていました。

桜が咲くと、春の訪れを感じ、

華がきれいと思っていると、鼻は水を垂れる……。

気が付くと、目はかゆく、喉もかゆい……、

今年は、花粉が厳しくなりそう………だぁ。

こういう毎年の季節感が、今年は何となく新鮮な気がしてしまいます。

 

コロナが世界を微妙に狂わせ……、

新しい生活様式に変化をして、

もう1年以上経過しました。

かなり、みんなコロナにも慣れて、

人々の生活はかなり様変わりしました。

 

テレワークが一般的になり、出勤しない人が増え………、

会議やセミナーは、実際に行ったり、集まったりしなくても、

パソコンがあって、Wi-Fiが繋がれば、参加することができて………、

外食していたものが、今ではほとんどのものがテイクアウトできて………、

電話1本で持ってきてくれたり…する……。

 

生活が様変わりするとともに、

イベントのあり方も大きく様変わりをみせた。

リアルに触れ合うことはできなくなり、

客席を満員にすることは許されなくなった。

そう、我々の仕事は、時代の流れに合わせて、

業態を変えざるを得ないということです。

 

エンタテインメントや娯楽というものは、

人が生きていくうえでどんな時代になっても不可欠なものです。

我々は、エンタテインメントや娯楽を人々に提供していく……という

ビジネスの根幹はブレることなく……、

ただ、時代の変化とともに、業態の変化を受け入れざるを得ない……ので、

今年は、新しいZATの“KATACHI”を創っていくいくことになります。

 

その道は、もしかしたら……、険しいかもしれない。

その道は、もしかしたら……、まぼろしかもしれない。

その道は、もしかしたら……、とてつもない長さかもしれない。

 

川嶋あいさんの「大丈夫だよ♪」の中に、

『夢に近道あれば どうか教えてよ、絶対その道は通りたくないから』

という歌詞がありますが、まさにそういう心境ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある社長が重要プロジェクトを任せるのに誰が適任者か?

人事部長に候補選択を依頼した……。

すると………、

人事部長はある男を推薦し、その理由を2つ述べた。

 

1つは………、

プライベート用のスマホを職場で充電しない。

つまり、公私の区別をはっきりさせている。

 

もう1つは………、

道を行く際、近道をしない。

安易な近道に頼らないという心構えが、彼の日常の行動にも表れている。

という2点だった。

 

「善きことは、カタツムリの速度で動く」

はガンジーの言葉だが、個人でも組織でも会社でも国でも、

よくすることはほとんどの場合、

遠回りだ。

 

普通、近道や抜け道を探し、そこを通りたがる。

早く、結果を出したい!

楽して成果をあげたい!

と思う気持ちは誰にでもある。

 

しかし、

「近道したら近道に潰される。」

と、矢沢永吉も言っているように、

近道は決して近道ではなく、

実は遠回りだったり到着できなかったりする。

 

反対に、

遠回りだと見えていることが、

実は1番の近道だったということは良くある。

 

子育てなどは、まさにその通りだと思う。

近道があっても、あえて通らない。

ふさわしい自分になるまで、実力がつくまでじっと我慢する。

 

シンガー・ソングライター川嶋あいさんは、

生まれてすぐ施設にあずけられ、養父母に育てられる。

とても優しかった養父を10歳で亡くし、

歌手を目指して中学卒業と同時に福岡から単身上京するが、

所属事務所から見放され、応援してくれていた義母も16歳で亡くし、

本当に天涯孤独になってしまう………。

 

そこで、路上で歌うことを決め、3つの目標を掲げた。

1:路上ライブ1,000回

2:自主制作CD手売り5,000枚

3:渋谷公会堂でワンマンステージ

翌年5月、CD手売り5,000枚を達成………。

同年8月、渋谷公会堂でのライブを実現………。

そして、3年後路上ライブ1,000回を達成する。

その後はTVでも多く取り上げられ、

「明日への扉」は90万枚販売した。

 

川嶋あいさんの選んだ道は、

とてつもなく遠回りに見えた道が、

しかし、結果は、わずか3年で、ものすごい近道だった訳なのです。

我々が、新しいZATの“KATACHI”を創るのに、

近道は模索しません。

ただ、時代の変化に合わせるだけです。

関連記事

那由多な独り言295

かつて日本を代表するプロレスラー“アントニオ猪木”と「格闘技世界一決定戦」と銘打って 戦った“モハメド・アリ”が此の世を去りました。 現役世界ヘビー級チャンピオンとして、日本のプロレスのリングに登場した“世紀の一戦”は、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言248

今日も暑い一日でしたね。 イベント業界には大変厳しい季節です。 屋外の現場で働くスタッフの皆さんには、 『感謝!!』 くれぐれも体調には気を付けて下さい。   こういう時期は、スタミナのつく食事をして、 バテないようにし[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言45

さぁ、今週も土曜日がやってきた。 何だか、火曜のブログに20周年の前振りが記載されていたけど、設立記念日は、29日なので、ここで、話題にするつもりもなかったけど、予告されてしまったので、書かない訳にはいかないね。 ZAT[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言157

ど~も、どもども。 またまた1週間ぶりです。 今週、またまた食品偽装のニュースが世間を賑わせていますよね。   一つは、米の偽装問題。 三重県の会社で、イオンやダイエーにも日本米と偽り、 中国産米を4割以上混入して販売し[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言486

最近、テレビをつけると………、 コロナウィルスの事ばかり……が、目につきます。 特に、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、 日に日に感染者が増え続けている。 ただ、本場、中国では、毎日3000人以[…]

[» 続きを見る]