那由多な独り言265

1週間って、早いですよね。

前回ブログを書いてから、もう一週間が過ぎてしまいました。

しかも、もう忘年会シーズンです。

最近、忘年会の話がいくつか来てます。

忘年会をするということは、もう一年のエンディングが近づいているということです。

最近、時が過ぎるのを早く感じます。

まぁ、今までもそうですけど………。

時間が経つのが早いということは、

1日、1時間、1分間を大切に生きなければいけないということです。

 

仕事をするうえにおいては、特に時間を大切にしなければいけません。

それは、時間を有効に使うということと、

もう一つ、時としてビジネスの世界では、

時間が勝負の決めてになることがあるということです。

 

貴方の会社では、スピードを武器にしてますか?

 

特に、ビジネスにおいては、お客様と接している何かを圧倒的なスピードでやることで、

ものすごい差別化にすることができます。

スピードを徹底して、ゼロから売上1兆円になった会社があります。

それは、皆さんもよくご存じの日本電産です。

 

貴方の会社では、見積もりが依頼があったとき、

どれくらいのスピードで出していますか?

もし、見積もりを出すような仕事をしていないのであれば、

取引先からの見積もりは、何時間以内に来ますか?

この会社の話を聞くと自社のスピード、

他社のスピードがいかに遅いかがよくわかります。

 

日本電産の見積もりを出すのは、なんと24時間以内。

 

日本電産は製造業。

見積もり後、お客様の要望にあわせた試作品を作ります。

それもすごいスピードで、どんどん試作品を作っていきます。

やっと他社が初回の試作品を持って行ったとき、

日本電産はすでに4回くらいの改良を、やってしまっています。

 

もうこの時点で勝負は決まっています。

スピードを徹底して、ゼロから売上1兆円近い会社にまでなったのです。

 

例えば、何社かの印刷会社があるとします。

その中で、圧倒的なスピードで見積もりをだし、

プランまで持ってくる会社があります。

そういう場合は、まず例外なく、その会社に仕事は決まります。

  

さまざまなビジネスシーンでスピードが決め手になることはよくあります。

 

さて、自社を振り返ってみた時、

“徹底的なスピード”を活かしているだろうか………。

ふっと、不安になってしまいます。

 

メールでのお問い合わせに対する返信のスピード

問い合わせを頂いてから、訪問までのスピード

など何でもいいのですが、これだけは、他社よりスピーディに対応できる、

というものを、自信を持って発表できるように、

これから精進していきますね。

お客様がそれを価値と認められるようにまで徹底しなければいけません。

他社がとてもじゃないけれど、真似できないという領域までやり続けます。

皆さん、暖かく見守っていてください。

 

それでは、また来週。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、4点、4点。

関連記事

那由多な独り言499

今までに経験のないGWが終わり、いよいよ来週から、 “新しい日常”がやってきます。 緊急事態宣言は、予想通り延期になり、自粛生活は続きますが……、 韓国や中国を中心に、世界は、解放に向かい始めました。 ただ、世界が完全に[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言197

今、話題の映画…… 『イン☆ザ☆ヒーロー』 (と、言っても、社内の話です) 試写会! 観てきました。   この映画は、普段スポットがあたることのない“スーツアクター”を 主役にした映画です。   まさに、自分たちの仕事に[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言398

新しく商品を販売します! 『ドアラの気まぐれカレンダー』 何で、この時期にカレンダー? って、思われる方も多いかと思いますが、 日めくり式で、年中使えます。 そして、毎日、ドアラの一言メッセージがついています。 販売価格[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言253

今日は何の日?   焼肉の日。 文化財保護法施行記念日。 ケーブルカーの日。 ベルばらの日。 秋田県の記念日。 マイケル・ジャクソンの誕生日。 スタン・ハンセンの誕生日。 八代亜紀の誕生日。 真梨邑ケイの誕生日。 ぺ・ヨ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言225

今日は、バレンタインデーですよね。 『バレンタインデー』自体は元々宗教的な意味のあるもののようですが、 現在の“女性が愛の表現としてチョコレートを贈る。”というバレンタインデーは、 全く、日本独特の文化で、世界的なもので[…]

[» 続きを見る]