那由多な独り言560

昨日、やっと……というか、とうとう……というか、ついに………というか……。

オリンピックが開会しましたね。

開会式は、賛否両論あるので、何とも言えませんが、

ドローンを使った、空中に浮かぶ5輪が、地球に変化する演出は、

世界中から絶賛の声が上がっているようです。

しかし、ハイテクなドローンの一方、聖火台はかなりアナログで、

富士山のモニュメントの中央が割れて、階段が現れる演出は、

16人による人力の❝ハイテク❞ではなく、❝ジンテク❞だったようで、

裏側を暴露しない方がよかったのでは?と思えてくる。

 

裏の❝ジンテク❞と比べて、表の❝ジンテク❞で、世界に笑撃を与えたのが、

❝ピクトグラム男❞で、「ジャパンはマジで最高!」「メダルに値する!」と、

称賛の声が続出しているようです。

これは、今大会のピクトグラム(競技のマークみたいなもの)を、

即興によるカラダで表現するパフォーマンスで、全50種を5分ほどで、

リズムに乗って、表現したものです。

 

一時は、スキャンダルで開会式を中止することも検討されたようですが、

開会式に関わる多くの人たちが、何か月もかけて築いたものを、

お蔵入りさせなくて本当に良かったと思います。

 

でも、この開会式の外では、オリンピックの賛成派で、周辺に見学に来ていた人たちと、

オリンピックに反対でデモをしに来ていた人たちが、衝突して、

マスクも外して、言い合いをしていたそうです。

以前、日本人の7割ほどがオリンピック開催には否定的だったころに、

それでも、デモも暴動も起きない日本は、つくづく平和な国だと思っていましたが、

どうやらニュースが取り上げる規模ではなかったからか、

注目はされていなくても、デモはあったようですね。

嬉しいような………、悲しいような………。

 

しかし、せっかく始まったので、無事にパラリンピックに繋いで欲しいですね。

コロナの新規感染は徐々に拡大しているようですが、

毎日報道されるオリンピックの選手を含む感染者のニュースが、

大規模なクラスター発生を告げることがない事を祈るばかりです。

 

試合に負けるのではなく、コロナに負ける選手は、

悔やみきれない思いでしょうね。

世界各国を代表して集まった選手たちは、

超一流の選手ばかりで、選手たちはもちろん金メダルを目指しているのでしょうが、

どの競技も金メダルは、1位のみで、選手たちは、この日を迎え、

そして、1位(優勝)を勝ち取ることを目標に、努力を重ねてきたのでしょう。

 

しかし、金メダルを勝ち取る人は一人、

その競技で敗退する人は、数多いのです。

 

あの日本電産の永守社長は、小さなときから

「1番以外はビリと同じ」だと、自分に言い聞かせてやってきたそうです。

学校の成績はもちろん、スポーツでも、弁当を食べるのも1番にこだわり、

銭湯に行けば、履物は必ず1番の札の下駄箱に入れる、

もし1番の札の下駄箱が空いていなければ、1番の上の棚に置くといった具合だったようです。

とにかく徹底して1番にこだわっていたのです。

 

あのイチローも、

「ボクは、ナンバーワンになりたい人、この競争の世界に生きている者として、

『オンリーワン』がいいなんて言っている甘い奴が大嫌いなんで………。」

とインタビューで語っていたそうです。

 

これは単純に1番以外は意味がないという結果主義的な考え方ではなく、

「一流やNo.1」を目指す生き方が大切だという意味なのです。

 

それはなぜか?

 

それは、「幸運な偶然」「奇跡」「運の良さ」などは、

例外なく「一流やNo.1」を目指す人にのみ訪れるようになっているからです。

 

つまり……、やりたいけど、今の自分ではできない………、

そんな目標に向かって挑んでいる人にのみ、

潜在意識が動き出して信じられないことが起きてくるという訳です。

 

できそうな目標、無難な目標など、

「そこそこ志向」「自分には無理」という「限界思考」の人には、

どうも、幸運の女神は微笑んでくれないようなのです。

金メダルは1つ、1番も1人、

どれだけ努力しても、とれない人の方が圧倒的に多い訳です。

 

しかし、出来る出来ないではなく、なりたいものに向かって、

全力を注いでいると何か不思議なことが起きるようになっているようです。

実際にスポーツの世界で、ナンバーワンを目指してなれなかった人が、

その後の人生でその経験が大いに役立っている……、という話はよく聞きます。

 

成功とは、ただ目標達成することではなく、

潜在能力の開発に繋がっているということです。

 

ようするに、努力は裏切らない……ということなのです。

金メダルを取る事は、もちろん大切なことですが、

そのために積み重ねた努力は……、

結果として、メダルに届かなかったとしても、

いつか、それ以上の結果に結びつくことになります。

 

~~努力は、その人を裏切らない~~

 

 

関連記事

那由多な独り言180

もう4月です。 4月は、年度替りの会社が多いですね。 弊社は、暦通りで、新年度は1月からですが、 4月から新入社員が入りました。 ここ数年、新卒新入社員が入社していますが、 新卒採用は、会社にサイクルができて、 雰囲気が[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言444

ついに、このブログも444回を迎えました。 4をラッキーナンバーにしている自分にとって、 パチンコ好きの777みたいなものです。(わかるかなぁ?) 444という数字で一番思い浮かぶのは、 ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言138

や~、とうとうきてしまいました。 来て欲しくなかった………。   でも、   来てしまった。   お手柔らかに   シテ欲しい  けど      ………。     来てしまった。     暑いナツが………。   昨日は各[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言480

本日は、会社の仕事納めでした。 と、言っても、今日も明日も年末年始も現場は続くので、 一応の形式的なものです。 仕事始めは、1月6日ですが、それまでも現場はあります。 しかし、過去を振り返れば、GWに続く繁忙期だった正月[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言379

今日は寒いですね。 大寒波が日本を覆っているらしいです。 こういう寒さは、屋外のイベントでは、ボクシングのボディブローのように、 じわりじわりと凍みてきます。 明日も頑張りましょう。 . 今年の成人式は、大波乱でしたね。[…]

[» 続きを見る]