那由多な独り言328

ついにアメリカの大統領が正式に交代しましたね。

選挙の時から、かなり奇抜なコメントを発表し続け、

アメリカ歴代大統領の就任時支持率で、過去最低を記録したらしい。

支持と不支持のバランスは微妙なもので、

全ての人が満足する政治や政策は、実際ありえないものだと思う。

どんな政策を打ち出しても、それによって得する人と損する人がいるので、

得をした人は、支持するし、損をし人は不支持になる。

民衆主義とは、平等なようで平等ではなく、

政治家は、評より票をみて、政策を打ち出す人が多く、

大量の票を持つ団体や大企業に有利な政策が、

世の中をまかり通っていく。

 

新大統領は、これまでの歴代大統領より

支持率は低いかもしれない………。

だからこそ、何かこれまでとは違う政治をしてくれるかも………、

と、期待している人が多いのも事実………。

どこかの県知事が、アメリカの就任式に呼ばれ、

TVのインタビューに対して、就任演説は、“期待はずれ”とコメントしていた。

これって、“そんな事言っても大丈夫なの?”と、思ったのは、自分だけだろうか………。

 

このトランプ氏は、ビジネスの世界で大成功を収めた人物と知られているが、

過去に3度程、破産しているらしい………。

何度破産しても、そこから這い上がって成功しているところをみると………、

よほどの天才か、すごい努力家なのだろう………。

しかし、世の中で“天才”と呼ばれている人のほとんどは、

何も努力無く成功している訳ではなく、

ほとんどの天才は、努力の上に成り立っている。

 

あのイチローも天才的な打撃で、様々な記録を作ってきているが、

普通の選手の何倍も練習をしてきている。

イチローが小学校6年生のときに書いた作文もすごいですよ。

「365日中360日は、激しい練習をやっています。

だから、1週間中で友達と遊べる時間は5、6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。」

と書いているんです。

365日中、360日練習しても嫌になっていないというのが、

その作文からうかがえます。

イチローが天才なのは、努力があるからなんです。

普通の人は、努力しなくてもいいような状況になったら努力しません。

でも、イチローは小学校の頃から努力が身についている訳です。

 

どんな状況の中にいても努力する習慣を身につけるというのは、

その人の運命を発展させていく根本です。

そう考えると、トランプ氏は、持って生まれた“運”もあるかもしれませんが、

何度も破産しても、再び成功することができるので、

相当な努力家でもあり、

もしかしたら、今までの大統領ではできない政治をするのかもしれませんね。

期待してみていきましょう。

 

では、今週はこの辺で。

また来週!

繝悶Ο繧ー繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー繝サ縺ォ縺サ繧薙ヶ繝ュ繧ー譚代∈
にほんブログ村

zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、3点、4点。

関連記事

那由多な独り言522

いよいよ明日、G1クライマックスの優勝決定戦が開催されます。 って、何? 競馬の話? そういう方もいるかと思いますが………、 “プロレス界で最も長く過酷なリーグ戦”と呼ばれている……、 新日本プロレスの真夏の祭典です。 […]

[» 続きを見る]

那由多な独り言54

今日は、勝ったね。 ドラゴンズ。 ソフトバンクは、早々と3連勝をして日本シリーズの出場権を獲得してしまいました。 おめでとうございます! ソフトバンクのCS敗退の歴史も終止符をうち、ドラゴンズの初の連覇と、横浜De NA[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言491

今日は、ホワイトデーですね。 ホワイトデーは、バレンタインデーに比べ、歴史的な背景は薄く、 日本の菓子メーカーの販売戦略そのものなので、 一部のアジアで取り入れられているところもありますが、 ほぼ日本独自の習慣と言えます[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言234

昨日は、プライバシーマークの更新のための現地審査でした。 2年1回、その日は訪れます。 今回で4回目の審査で、最初にPマークを取得して すでに8年目ということです。 個人情報保護法は、2003年5月に成立し、2005年4[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言306

メダルラッシュと言われる今回のリオ五輪。 日本は、現在のところ、金12、銀8、銅21。 すでに過去最高だったロンドン五輪の38を上回っている。 しかし、オリンピックは、結果よりもそのドラマ性が重要だと思う。 それぞれの選[…]

[» 続きを見る]