那由多な独り言424

1今日から12月。

師走に入りました。

12月は何かと慌ただしくなり、師(僧侶という説と、教師という説あり)も駆けずり回る………、

そういう月という意味です。

今年もあと1か月になり、カウントダウンが始まりました。

平成最後の12月を有意義に過ごしたいものです。

 

平成もいよいよカウントダウンに入りましたね。

来年の4月末で平成は終わり、5月からは新しい時代が来ます。

来年は、元号だけでなく、いろいろと変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく変わるのは、消費税と、労働基準法の改正です。

消費税で大変なのは、軽減税率ですょね。

弊社で大きく関係するのは、現場の食事と、その税務処理。

テイクアウトとイートインで、税率が変わるということで、

現場での食事は、お弁当を控室で食べるのと、

お店で食べるのとでは、税率が変わるので、

帳簿も、どちらかを確認のうえ、記帳していかなければなりません。

これを各現場の毎食、極端に言えば、一食ごとに確認し記帳しなければなりません。

しかも、たった2%のことで………。

いっそ、単純に今まで通り、全てが10%になってくれた方が、どれだけ手間が省けるか……。

 

そして、もっと、ひどい法案が“働き方改革”。

元々、労働基準法は、工場などで働く人々を基準に作られているので、

イベント業界やマスコミ業界などを想定していないもの。

これは、労働基準監督署の方と話をした時に、

その人も、同じことを言っていて、

全ての職業に、今の労働基準法が当てはまるものではないと思っているけど、

それに当てはめて考えることが仕事だから………。と、言っていました。

今回の改正は、我々のようなクリエイティブな職業にとって、あきらかに仕事の質を落とすだけでなく、

企業によって、特に中小、零細企業にとっては、会社の存続自体に関わってくると考えられます。

 

高度成長期にガムシャラに働いた日本の企業が全て良い訳ではありませんが、

この改正をそのまま遂行していくと、日本の成長は絶対に止まってしまうと思います。

平成の次の時代は、どんな時代がくるのでしょうか。

新しい時代を、今よりもっと良い時代にしていきたいですね。

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい時代?

 

関連記事

謎の眼鏡です。

ども、昨日、ケッタ(チャリ)でコケました。   大人になってからコケたのは初めてです。   痛いですね。   出会いがしらにチャリにぶつかりそうになり、避けた結果、コケました。  […]

[» 続きを見る]

那由多な独り言305

お盆たけなわですね。 各地の観光地では、人が溢れているようですね。 でも、なかには、家でテレビに噛付いて、オリンピックの日本を 必死に応援している人もいるんでしょうねぇ。(ホントにいるのかなぁ?) でも、自分たちは、こう[…]

[» 続きを見る]

桜の花が散った後の実を食べたことがある人

まつきちですよ。 あっという間にこの季節 『花見』の季節が来ましたね。 今年は何回行きましょう。 普段お祭りやイベントをスタッフ側から過ごしている 私にとって、花見は特別です。 平日でも屋台がたくさんある! それも期間中[…]

[» 続きを見る]

熱燗の季節

ども、なぞのめがねです。       なんでしょう?   そう、徳利です。いか徳利です! 名の通りいかで出来てます。部下のいそやんにもらいました。 熱燗をそそぎ、蓋をして蒸らすとい[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言159

こんばんは。 一週間振りです。 めっきり寒くなりましたね。 四季のケジメのある日本は、すばらしいですよね。   と、言ってみたものの、正直、他の国で暮らしたことがないので、 日本しか知りません。   しかも、名古屋で暮ら[…]

[» 続きを見る]