那由多な独り言432

やりましたね。

大阪なおみ選手が、ついに世界ランク1位になったようです。

囲碁の世界では、10歳のプロ棋士が、世界ランク1位のトップ棋士と対局し、

堂々と戦い敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

最近、日本の若い選手たちが、今までにはない、記録的な活躍をみせていますね。

最近の若者は………、なんて言って、若者たちを下に見ていた中年たちは、

もう、そんな言い方できないですよね。

いつの時代でも、自分の持っている力をフルに発揮できる人もいれば、

自分の行き先を見失って、進めないままの人もいます。

 

その差って、なんでしょうね。

大きな差ではありますが、実は、ほんの小さな差かもしれません。

 

保険の勧誘をする人の中で、

一番多く契約を取る人と少ない人とでは、

100倍以上の開きがあるといいます。

 

同じ会社で同じ商品を扱いながら、

これだけの差が生まれるのは何か?

 

それは、熱意の違いといわれています。

 

松下幸之助は、成功した理由を

あえて一つだけ挙げよと言われたら、

それは、「熱意」であると言っていました。

 

たとえば、なんとしてでもこの2階に上がりたいという熱意があれば、

ハシゴというものを考えつくはずです。

ところが、ただなんとなく上がってみたいなあと思うぐらいでは、

ハシゴを考えだすところまでいかないでしょう。

 

「どうしても、なんとしてでも上がりたい。

自分の唯一の目的は2階に上がることだ」

というくらいの熱意のある人が、

ハシゴを考えつくのであると・・・。

 

人間の能力は10%も使われていないと言われています。

残り90%の潜在能力を引き出すのは熱意であると言われています。

 

もし望んでいることがうまくいかず落ち込んでいるのなら

ひるがえって、自分が熱意を持っているのかを考えてみる必要があるでしょう。

 

はたして、自分の熱意が本物か?

本当にそうなりたいのか?

何としても手に入れたいのか?

 

成功と失敗の分岐点は、そこに尽きるでしょう。

 

世界一に駆け上がることができる人、

目標もなく、行き先さえもわからず、ただ毎日を過ごしてしまう人、

そこに、熱い思い=熱意が、あるのか?ないのか?

その差は、小さい差かもしれませんが、

小さな差が時間とともに、

大きな差に成長してしまうんですね。

 

誰にも負けない熱意を持って生きていきたいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

那由多な独り言156

こんばんは。 また一人偉大なる作者が旅立ちました。 アンパンマンの生みの親“やなせたかし”さんです。 やなせさんは、アンパンマンの映画の発表会などの人前に立つと いつも『もうじき迎えが来ます。』と言って、場内を沸かせてい[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言530

コロナの感染数が、なかなか落ち着きませんね。 かなり医療関係も切迫しているようで、 予断を許さない状況が続きそうです。   世界ではワクチンの接種が始まった国もありますが、 日本では、まだまだ先のことになりそう[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言536

株価の勢いが止まりませんね。 日経平均が、3万に届きそうな勢いですが、 どうも、首を傾げてしまいます。 現在、国内では、コロナの影響で、閉店、倒産、廃業の話をよく聞きます。 確かに、コロナ需要で好調な業界はたくさんありま[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言442

新元号もごくごく普通に発表が終わり、 来月になれば、ごくごく普通に新しい元号「令和元年」になります。 昭和64年は、わずか1週間で終わりましたが、 平成31年は、4か月ということになります。 最近、平成を振り返る番組をよ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言572

今週、衆議院が解散しました。 新しく岸田内閣が組閣され、僅か10日で解散……。 岸田総理の最初の仕事が、衆議院の解散ということです。 これで、もし、衆議院選挙で、与野党逆転ということが起きれば、 岸田総理は、解散しただけ[…]

[» 続きを見る]