那由多な独り言432

やりましたね。

大阪なおみ選手が、ついに世界ランク1位になったようです。

囲碁の世界では、10歳のプロ棋士が、世界ランク1位のトップ棋士と対局し、

堂々と戦い敗れました。

 

 

 

 

 

 

 

最近、日本の若い選手たちが、今までにはない、記録的な活躍をみせていますね。

最近の若者は………、なんて言って、若者たちを下に見ていた中年たちは、

もう、そんな言い方できないですよね。

いつの時代でも、自分の持っている力をフルに発揮できる人もいれば、

自分の行き先を見失って、進めないままの人もいます。

 

その差って、なんでしょうね。

大きな差ではありますが、実は、ほんの小さな差かもしれません。

 

保険の勧誘をする人の中で、

一番多く契約を取る人と少ない人とでは、

100倍以上の開きがあるといいます。

 

同じ会社で同じ商品を扱いながら、

これだけの差が生まれるのは何か?

 

それは、熱意の違いといわれています。

 

松下幸之助は、成功した理由を

あえて一つだけ挙げよと言われたら、

それは、「熱意」であると言っていました。

 

たとえば、なんとしてでもこの2階に上がりたいという熱意があれば、

ハシゴというものを考えつくはずです。

ところが、ただなんとなく上がってみたいなあと思うぐらいでは、

ハシゴを考えだすところまでいかないでしょう。

 

「どうしても、なんとしてでも上がりたい。

自分の唯一の目的は2階に上がることだ」

というくらいの熱意のある人が、

ハシゴを考えつくのであると・・・。

 

人間の能力は10%も使われていないと言われています。

残り90%の潜在能力を引き出すのは熱意であると言われています。

 

もし望んでいることがうまくいかず落ち込んでいるのなら

ひるがえって、自分が熱意を持っているのかを考えてみる必要があるでしょう。

 

はたして、自分の熱意が本物か?

本当にそうなりたいのか?

何としても手に入れたいのか?

 

成功と失敗の分岐点は、そこに尽きるでしょう。

 

世界一に駆け上がることができる人、

目標もなく、行き先さえもわからず、ただ毎日を過ごしてしまう人、

そこに、熱い思い=熱意が、あるのか?ないのか?

その差は、小さい差かもしれませんが、

小さな差が時間とともに、

大きな差に成長してしまうんですね。

 

誰にも負けない熱意を持って生きていきたいですね。

 

関連記事

那由多な独り言118

こんばんは! 早くも、新年が明けて1ヶ月が経過しようとしています。 相変わらず、時間が経つのは早いものです。   さて、最近自分が注目しているのは、ビールのCMです。 その名も、“のどごし夢のドリーム”。   なんと、こ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言281

3.11が近づくと、TVでは、震災関連の番組が増えていき、 3.11には、その特集番組が各局の時間を占めます。 年中、震災関連番組では困りますが、  また、一年ご無沙汰になるのはどうか………、 そんな思いもあります。 震[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言177

よく、ブログの初めに、 “時が経つのは早い”って、 書いていました。 年齢を重ねると、時が過ぎるのは、 若い時より、ずっと早く感じるようになります。   それは、残された時間が、 どんどん少なくなっている証拠かもしれませ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言245

日本は自由な国だと思いますか? 自分は、そう思っていました。 しかし、国別、“報道の自由度ランキング”で、180カ国中、 日本は、61位でした。 因みに、1位~5位は、 フィンランド、ノルウェー、デンマーク、オランダ、ス[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言494

日本の中で、東京だけが、桁違いな増え方で、 コロナ感染者が増えています。 しかも、高齢者に重傷者が多いと言われている中、 20代、30代の感染確認が増えているようです。 要するに、高齢者の病気だと勘違いしている若者が、 […]

[» 続きを見る]