那由多な独り言

皆さんこんにちは。
アナログ時代の代表者が、今流行りのIpadを使って、これを書いています。
今日は、消さずにUPできるかなぁ?

さて、今日は、中日劇場で行なわれた、アントニオ猪木の『闘魂トークライブin名古屋』に行ってきました。
思いおこせば、物心ついた時から、ずっとプロレスを見続けて、幼稚園の時には、プロレスラーになるつもりだった自分が、イベントの仕事をしているとは、当時では想像できなかったなぁ。と、思いつつ期待に胸を膨らませながら、猪木さんの華麗なトークショーを観ていました。

来場者プレゼントの猪木タオルと新聞

 

 

 

 

 

 

プロレス時代の猪木のイメージでは、あまり流暢なトークは、想像できなかったけど、ダジャレや下ネタを織り混ぜながら、場内を盛り上げ、司会のアナウンサーと微妙なズレを生じながら、時折場内を笑いの渦に巻き込む辺りは、流石、一流の人は何をしても一流だなあ、と感服しました。
往年のレスラーたちは、永年のプロレス生活で結構早く逝ってしまう人が多い中、67歳の今なおリングに立ってもおかしくないようにみえるのはスゴイと思った。
猪木の凄いのは、政治家としても、北朝鮮へ行ったり、イラクへ行ったりして平和の為に、プロレス興行をして荒廃した民衆の心に感動を与え、政府の高官達からも友好の証しを貰っているところである。彼を日本の外務大臣にしたら今より外交はスムーズになるだろう。と、思ったのは、自分だけではないだろう。
プロレスは、格闘技ではなくエンタテインメントである。という人たちが多いとは思うけど、自分としてはどちらでもいいことで、熱い試合で観ている人が感動したり夢見ることができれば、それでいいのだ。
キャラクターショーでも、アトラクションはテレビとは違うから、本物でないという人がいるけど、それを観て子供達が楽しんだり、感動したりしてくれれば、それでいいのだ。
だから、プロレスも猪木もキャラクターショーも素晴らしい日本の文化なのだ。

関連記事

那由多な独り言552

久々に体調を崩しました。 でも、安心してください、 コロナではありませんでした。 今、弊社では、基本的に微熱があれば、 すぐにPCR検査を受けることにしています。   PCR検査が陰性になれば一安心ですが……、[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言346

今日は、久々に車で、

那由多な独り言476

今日で、11月も終わり、いよいよ今年も残すところ1か月となりました。 12月は、忘年会やら、決算やらで、あっという間に過ぎていき、 令和2年がやってきそうです。 平成31年が気が付くと、終わって………、 令和元年が来たと[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言57

今週もいろいろなことがあった一週間でした。 中でも驚きなのが、異性の交際相手がいない18歳~34歳の独身者が、男性で61.4%、女性で49.5%という調査結果が発表された。 最近、自分の回りにも結婚したいけど、出合いがな[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言188

どうも。 1週間のご無沙汰です。 今日は、暑い1日でしたね。 もう、すっかり夏になってしまいました。 でも、ようやく6月にはいったところ………。 屋外イベントの仕事では、いろいろな意味で厳しい季節です。 体調管理には十分[…]

[» 続きを見る]