那由多な独り言197

今、話題の映画…… 『イン☆ザ☆ヒーロー』

(と、言っても、社内の話です)

試写会!

観てきました。

 

この映画は、普段スポットがあたることのない“スーツアクター”を

主役にした映画です。

 

まさに、自分たちの仕事にスポットをあてた映画なんです。

しかも、モデルとなったアクション俳優は、名古屋出身の身近な人。

 

映画の中の物語というより、

とてもリアルで、

とても身近な、

つい、自分の回りの出来事のような

そんな内容の映画でした。

あまりネタバレになることは控えますが、

最後のアクションシーンは圧巻でした。

迫力満点、

華麗な技、

しかも、スピーディ。

是非、皆さんも映画館で見て下さい。

 

つい、自分がこの仕事を始めた頃を思い出しました。

キッカケは、友人に

「ぬいぐるみに入るバイトがあるけど、やってみない?」

と、誘われたことでした。

当時は、当然、スーツアクターという言葉はなく、

着ぐるみという言葉も使われていない時代で、

“ぬいぐるみ”と言っていました。

 

栄の錦3丁目の繁華街の少し外れたところにある、

4階建ての古ぼけたビル。

そのビルの一番上の事務所に友人に連れて行かれ、

最初の仕事は、“おはよう!ス〇ンクショー”のカンガルーのおばさんでした。

それから、度々仕事に入るようになり、

いろいろな“役”をいただきました。

『怪獣泣かせ』の怪獣役、

(怪獣に入ってサッカーゴールのようなものの前に立ち、

子供たちから、ボールをぶつけられるというゲーム)

『人間モグラたたき』のモグラ役

(モグラ叩きゲームのジャンボ版で、モグラっぽい衣装を着て、

穴から頭を出して、ハンマーで叩かれるというゲーム)

『ぼんちドールショー』のぼんちおさむ役

(当時、人気絶頂だった漫才師“ザ、ぼんち”の漫才を収録した音声に

合わせて、その着ぐるみを着て、漫才をしてるように演じる)

などなど……、

そんな仕事に入って、1年程経った頃、

当時は、ヒーローショーに関しては、大阪からメンバーが走ってきて開催していましたが、

“これからは、名古屋でアクションチームを創るから参加してみない?”

と、誘われたけど、自分は受験があったため、

大阪へアクションの研修に行ったりすることができず、

最初に名古屋メンバーで戦隊ヒーローショー(ダイナマンの時代)を組んだ時は、

PAスタッフになりました。

PAスタッフとは、10本ぐらいのカセットテープを入れ替えながら、ヒーローのセリフをカゲから入れて

ショーを進行しいく裏方さんです。

当時は、カセットテープの差し替えで音を出していました。

 

そんな自分の原点の時代を思い出すような、そんな映画でした。

思い出話は尽きないので、この辺で、また来週。

繝悶Ο繧ー繝ゥ繝ウ繧ュ繝ウ繧ー繝サ縺ォ縺サ繧薙ヶ繝ュ繧ー譚代∈
にほんブログ村

zatmcblog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週は、5点、5点。

関連記事

那由多な独り言473

「本当に世の中の文字は小さすぎて見えない! 新聞も企画書も……、小さすぎて見えない。 でも、ハズキルーペをかけると世界は変わる。」 確かに……、世界は変わるかもしれないけど………、 そういう人に必要なのは……、老眼鏡でし[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言481

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。                 新しい年になりました。 令和2年だけど……[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言100

2010年10月31日(土)に始まり、 ついに、     ついに     パンパかパ~ン!   記念すべき100回目を迎えました。 今回は、100回を記念して、ZATの歴史を振り返りましょう。 まず、ZATが結成された頃[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言456

新感覚のアミューズメントが5月にオープンした……らしい。 「物が壊せる新感覚エンターテイメントサービス」の店舗「REEASTROOM」が、 5月1日に浅草にオープンしました。       &[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言403

今日から、今年も後半戦に折り返しです。 そう、年が明けて、早半年が過ぎました。 毎年、新しいことにチャレンジしたいと考えていますが、 なかなか0を1にすることは、1を2にすることより エネルギーを使うことなので、なかなか[…]

[» 続きを見る]