那由多な独り言344

今週のブログの話題は、GWが終わった話が多いですよね、

ってか、それしかないと言う感じです!

よっぽど、それぞれ大変だったって事でしょうかねぇ~。

自分からみてると、昔のGWの特別感が薄くなり、

ちょっと忙しい日が続いている週と言う感じがします。

.

最近は、めっきり現場へ出ることも少なくなりましたが、

実は、現場の仕事は好きですし、今でも楽しいと思います。

もう何年もスーツアクターはしておりませんが、

実は、今でもたまにはやりたいなぁ~と思うことはあります。

こんなことを書くと、キャスティング担当に、

「今週、アクターが足りないから入って下さい。」って、

かる~く言われそうですが、現実問題、自分が入っていたら……、

現場の関係者に、

「何かあったんですか?」とか、

「大丈夫ですか?」って、いろいろと問題がおきそうです。

.

結構、このイベント業界の年配の人たちは、現場が好きだから、

いくつになっても、現場に出ていたいと思う人は、大勢いらっしゃいます。

自分より高齢の先輩方でも、“まだまだ現役”と言って、

現場でバリバリに働いています。

東京では、キャラクターショーの出演者の平均年齢が、

40代半ばということは、珍しくありません。

これから高齢化社会にどんどんなっていく日本では、

そんなに珍しいことではなくなるのでしょうが、

若い人たちにも、もっともっと仕事を好きになり、

楽しんで働いて欲しいものです。

.

因みに、~あなたは、仕事が楽しいですか?~

よくあるのが、

「世の中には楽しい仕事とそうでない仕事がある」と、思い込んでいる人がいることです。

そういう人は「オレはこんなことをやるために、この業界に入ったんじゃない」と言いがちです。

.

「楽しい仕事」とか「楽しくない仕事」というものはありません。

実際はただ、仕事が楽しいか楽しくないかの「境界線」があるだけです。

その「境界線」は、動くものです。

つまり、たとえ今、仕事が楽しくないと感じている人であっても、

転職せずに今すぐ、仕事を楽しくすることは可能だということです。

.

仕事を楽しくないと感じる原因は、だいたい2種類に分けられると思います。

1つは、「自分の望まない仕事をしている」人。

もう1つは、「仕事に飽きてしまった」人です。

最初のパターンは、恐らく「ここでは自分の能力が発揮できない」と、考えているのだと思います。

たとえば、企画をやりたくて今の会社に入ったのに、入ってみたら全然違う部署に回されてしまう………。

それはよくあることでしょう。

会社がお金をかけて人を採用する以上は、基本的にその人材を無駄なく使おうとします。

ようするに、会社がその仕事を与えているということには、必ず意味があります。

会社は、いきなり企画をやらせるよりも、先にこちらを経験させた方が、

結局はその人をよりよく活かせると判断した上で、そこに配属しているのです。

そうはいっても会社は人間が動かすものである以上、そうではない場合もあるかもしれません。

.

では、「適当に配属先を決められた」と仮定しましょう。

それでも、自分の不運を嘆くことはありません。

なぜなら、世の中には無駄な仕事はないからです。

無駄ではない以上、それをすることには意味がある。

もし、「こんな仕事に意味はない」と感じるようであれば、

「この仕事の先には誰が待っているのだろう?」と考えてみることです。

確かに、会社の中には昔からの慣習で、今はやらなくても良い仕事が

そのまま続けられている場合があるかもしれません。

ですから、真にその仕事の先に待っている人がいないのであれば、

あなたの手でそれを止めてみることです。(あくまで企業として許せる範囲で)

それで本当に誰にも迷惑がかからないのであれば、

それは会社にとっても、無駄を発見したことになります。

(でも、現実的には、無駄な仕事はないはず……です。)

こうやって、仕事に意義を見出せば、やりがいを感じられるようになるのです。

.

続いてもう1つのパターン。

「仕事に飽きてしまった」人。

飽きてしまったということは、その仕事でベテランになったということですね?

ということは余裕があるはずですから、周りもよく見えるようになっているでしょう。

そういう人にオススメなのが、他人の仕事をよく観察して、

「その人の良いところを盗む」ことです。

他人の仕事を盗んで自分の仕事に取り入れれば、ますます仕事に磨きがかかります。

さらにオススメなのが、デキる人を観察し、その人が苦手としていることを見つけ、

さりげなくフォローしてあげることです。

そうすれば相手は感謝して、こちらの味方になってくれます。

それが上司であれば、あなたを引き上げてくれるきっかけにもなるでしょう。

このようにしてレベルアップしていけば、会社が放ってはおきません。

会社は使った人件費を回収しようとしますから、

能力の高い人材をもっとレベルの高い仕事に就かせようとするからです。

.

仕事が「楽しいか」「楽しくないか」の境界線は、自由に動かせます。

あなたもぜひ、今日から「楽しい」方に、自分の境界線を動かしてみてください。

どんな仕事も楽しんでいないと、生産性が落ちてしまいがちです。

それは、自分にとっても……、

会社にとっても……、

そして、お客様にとっても……、

マイナスでしかありません。

さぁ、仕事を楽しみましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
zatmcblog

関連記事

那由多な独り言234

昨日は、プライバシーマークの更新のための現地審査でした。 2年1回、その日は訪れます。 今回で4回目の審査で、最初にPマークを取得して すでに8年目ということです。 個人情報保護法は、2003年5月に成立し、2005年4[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言515

毎年、8月29日になると、 “今日って何の日?” と、社員たちに聞いて回るのですが………、 今日は、社員たちから……、 “おめでとうございます!”と。   そう、本日、8月29日は、会社の設立記念日です。 有限[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言12

とうとう日付を越えてしまいました。 昨日は、知りあいのモデル?タレント⁇さんの派手な誕生パーティーに参加することになっていたので、早目にブログを書いてしまおうと考えていたのに、結局出掛けるまでにやれず、帰ってからパソコン[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言378

新しい年を迎え、すでに1週間が経過しようとしています。 本年もよろしくお願いします。 . 毎年、新しい年を迎えると、 今年は、こうしようとか、こんな年にしようとか、 今年こそは、これをしようとか、いろいろと考えてみるので[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言192

こんばんは! 日本は、残念でしたが、まだまだ戦いは続いていますね。 スポーツの試合では、選手が試合前に国歌を歌い 国旗に勝利を誓ったり、勝利した後に国旗掲揚に 涙したりするシーンを目にします。 今回はそんな各国の国旗が持[…]

[» 続きを見る]