那由多な独り言73

ちょっと、ちょっと、ちょっと、、、、、

今日は土曜でしょ。

何で、1時間ほど前に誰かブログ書いてるわけ!

ん!もう。

 

今日は、テレビも壊れてしまい、突然映らなくなってしまった。

テレビって、こんな風に壊れる物なの?

思いっきり、ビックリです。

普通にテレビを観てたら、突然ですよ、と・つ・ぜ・ん。

昭和の時代のテレビならいざしらず、薄型テレビですよ。う・す・が・た。

 

いったい何が起きたんだろう。

う~ん今日は、何か、

いつもと違う。

 

そういえば、もじゃもじゃが現場で脱水になったらしい。
あのもじゃもじゃが、ですよ。脱水症ですよ。

そういえば、風邪をひいてしまいました。
病院に行って、熱を計ったら、少し熱もありました。

 

う~ん今日は、何か、

いつもと違う。

 

さて、皆様は、『ノストラダムスの大予言』というものをご存知でしょうか?

1973年に祥伝社から発行された五島勉著書で、フランスの医師・占星術師ノストラダムスが記した予言集について、伝記や逸話を交えて解釈した内容で、発売から3ヶ月で100万部を突破したベストセラーだ。

その中に“1999年人類は滅亡する”と記載されていて、当時は、テレビでも特番を組んでその人類滅亡説をかなり煽っていて、自分も含めて1999年で人類の歴史が終わってしまうと考えていた若者は少なくない。

その有名なくだりは、

 

1999年 7の月

天から恐怖の大王が降ってくる

アンゴルモアの大王を甦らせ、

その前後の期間 マルスは幸福の名の下に支配するだろう

 

 

その恐怖の大王の正体を、天変地異、人工衛星落下、小惑星衝突、コンピュータ暴走、宇宙人襲来、世界大戦核戦争勃発……さまざまな説が飛び交い、何となく、必ず何かが起きると、大勢の若者が信じていたのだ。

しかし、何事も無く1999年は終わってしまい、予言は初めから作られたものだったんだ、と誰もが思っていたら、実は、その予言の1999年というのは、2012年だったという説があるのだ。

もともと、ノストラダムスは、カバラ数秘術という計算法で予言を記していたが、解読の手違いでカバラ数字の“13”を足し忘れていたらしいのだ。

つまり、1999+13=2012.

ノストラダムスの大予言は、2012年に人類滅亡を予言していたのだ。

 

そう。

2012年は今年です。

そのXデーは、2012年12月22日(土)。

 

皆さんは、何か起こると思いますか?

それとも、1999年7月のように、

通常の日常のまま、時は流れていくと思いますか?

でも、実際、3.11のように、うそだろ~と思うことが、現実の世界で起こることがあるんですよ。

 

そのために、自分たちは、毎日を悔いを残さないように、精一杯生きなければならないんですよ。

 

変に心配することはありません。

変に不安になることはありません。

変に怖がることはありません。

 

胸をはって、今日を全力で生きていけば、

必ず、明日はやってきます。

希望の明日が。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

本日は、1点。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

那由多な独り言389

人生の中で、ほんの一瞬で、大きく運命を左右することって ありますよね。 今週は、携帯電話を落として、大変なことになってしまいました。 よっぽど、打ちどころが悪かったようで………、 電池を入れなおして、起動し直したら、 な[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言50

とうとう50回目ですね。 ブログも始まってまもなく1年が経とうとしています。 今週は、風邪をひいてしまい、ちょっと元気がありません。 人から割りと若く見られますが、実は、身体はそれなりに歳をとっています。 年々風邪をひい[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言457

芸能界に激震が走っている。 反社会勢力からの営業を受け、会社を通さずに仕事をして、 それが公になり、謹慎処分を受けていた芸人が記者会見を行い、 会社から記者会見を止められていたことを発言した。 「個人的に、記者会見を行っ[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言272

年が明けて、早一週間が過ぎました。 早いものです。 何もしなくても、時は流れて行くので、 できるだけ、密度の濃い1年を過ごしたいですよね。   さて、先日、同友会(中小企業の経営者の集まる会)の方との話で、 毎年、一年の[…]

[» 続きを見る]

那由多な独り言411

とうとう9月に入りましたね。 先週の予告通り、登山にチャレンジしました。 登ったのは、あの写真でもわかる通り、“エアーズロック(ウルル)”です。 行く前は、「いざとなったら、息子を担いで登るよ!」と、 大口を叩いていまし[…]

[» 続きを見る]